週末の大潮

本当は満潮に向けてのタイミングの方が良いとされているのですが、子持ちサラリーマンの私に許されるのは、早朝の釣り。夜明け直前の4時ごろに起きて、薄暗いうちに出発、自宅からすぐのいつものポイント、ちょうど満潮から下げに入るタイミングです。
いつの間にか草や葦が刈られていて、とても綺麗になっていました。しかし、刈られた葦や草のゴミが潮にのって溜まっていていました。下げ潮に乗ってどんどんと流れてくれたので良かったです。






大型ウロハゼ登場(まずは王道脈釣り)

王道!脈釣り仕掛け
王道!脈釣り仕掛け

まずは王道の脈釣り、この前は自分なりに考えて超小型遊動天秤シモリ仕掛けを考えたりしましたが、なんだかんだ、私には脈釣りが一番シンプルであっている気がしてきました。
序盤から、子気味の良いアタリがあり、幸先良し♪
幸先のいいスタート
幸先のいいスタート

少し深いところをじっくりと下潮に載せるように、チョンチョンと誘いながら、何度か流していると、コンっとアタリがありすかさず合わせを入れると、ギュイーンっと水面の下で魚が泳ぎ、気持ちよく竿が曲がりました。これはハゼじゃないな、セイゴか?ニゴイか?と思って上がってきたのがこちら!
大きなウロハゼ!
大きなウロハゼ!

マハゼよりも大型で、下顎が出ているところや体色などがマハゼとの違いのようです!が、それにしても大きい!衝撃でした!






当たりがあるところでパワーイソメ

今日は、いろんなことを試そうと思って用意したものの1つ、疑似餌、マルキューのパワーイソメ(細)です。エサもつけやすく、エサ持ちも良い、これで釣れるなら楽で経済的です!
エサでアタリのあるのを確認して、すかさずパワーイソメに交換。パワーイソメでも、アタリがあります。しかし、中々、掛かりません。そして、そのうちアタリが遠のいてしまいます、何度か餌からパワーイソメへの交換をやって、何とか1尾かけることができました。
パワーイソメでの1尾
パワーイソメでの1尾

今回の釣行では、やはり、餌への反応が良いということでした。上げ潮時など、よりハゼの活性が高い時には餌の交換頻度なども少なくて済むので効率が良いかもしれません。1袋買えば、相当期間、おそらく、最低でも1シーズンは持ちそうなので、1つくらいは買っておいてもいいかもしれません。
でも、基本は餌釣りを選択することになると思います。






ハゼクランクに挑戦

先日、自作ルアーと自作ルアー和竿のテストに、平日朝に少しだけ投げてきました。今回はパワーイソメ同様、餌で魚がいることを確認してから、竿を振りました。
自作ルアーに自信がなかったので、
DAIWAハゼクランクJr.
DAIWAハゼクランクJr.

今回は、DAIWAのハゼクランクJr.を用意しました。ルアーって、いいお値段しますよね。にしても、ハゼ用のクランクベイト、小さくて可愛いです。
ハゼクランクJr.と自作ルアー
ハゼクランクJr.と自作ルアー


自作スイムフックにカスタマイズ
自作スイムフックにカスタマイズ


ルアーを投げて、基本はタダ巻き、トントントントンと底を叩くように巻いていきます。たまに、ストップアンドゴーを織り交ぜてみたり。足元までルアーが来ると、およそ5cm程度の小さなハゼが2・3匹ハゼクランクを追いかけてきているのが見えました…が、結局、ルアーに掛かることはありませんでした。残念。
しかし、その可能性を垣間見ることができました。小さなハゼが、クランクベイトと戯れるように追いかけている様は、状況がハマれば数釣りができそうな、そんな感じがしました。






今日の魚達のご紹介

もう語り尽くされて分かりきったことかもしれませんが、ハゼ釣りは数釣りを楽しむことを考えると、どんな状況でも最も効果が高いのは、アオイソメやジャリメといった餌釣りになるでしょう。
それでは、今回の魚達のご紹介させていただきます。
今日の魚①良型マハゼ
今日の魚①良型マハゼ


今日の魚②良型マハゼ
今日の魚②良型マハゼ


今日の魚③大型!ウロハゼ
今日の魚③大型!ウロハゼ


今日の魚④小型〜良型、大型!
今日の魚④小型〜良型、大型!


今日の魚⑤いつものゲスト!セイゴ
今日の魚⑤いつものゲスト!セイゴ







ウロハゼのお味は?

天ぷらとかき揚げ
天ぷらとかき揚げ

お見苦しい料理ですが、こんな感じで翌日いただきました♪ウロハゼは、大型だったので、食べ応え抜群!写真を撮る前に一口かじってしまいました(^^;
お味の方は…マハゼと比べると、フワフワ感よりもネットリとした身質でした。臭みなんかはなく、とっても美味しかったです。好みの問題もあるかもしれませんが、私は、小さくてもマハゼのフワフワ感が好きです。いずれにしろ、ありがたくいただきました!

最後までお読みいただきありがとうございました。
その他のハゼ釣行記はこちらから⇒