いよいよハゼのシーズンに入って来ました。小いのはまとめてかき揚げに、大きいものは天ぷらに、美味しい魚です。
ハゼ釣りといっても、様々な釣り方があります。主にはミャク釣り、ウキ釣りなどでしょうか。本来なら、これに習うのが良いのですが、何となく自分で仕掛けを考えて、試行錯誤をしてみようと思い、今回の釣行に臨みました。

代表的な釣り方

ミャク釣り

ミャク釣り
ミャク釣り

仕掛けはとてもシンプル、道糸の先に錘を取り付け、短かいエダスの先に針です。錘からエダスまでの長さ、エダスの長さは人それぞれ、また道糸に目印を打つこともあるようです。
釣り方としては、仕掛けを振り込んで、手前側に誘いをかけながら、道糸を張った状態を保ち、魚が餌をくわいたアタリで素早く合わせます。ブルブルっと手元に伝わってくるのは、多くはハゼが違和感を感じてエサを吐き出す時の反応が多く、この反応に合わせても遅く、その前にあるハゼがエサを咥えたアタリで、瞬間的に合わせる必要があります。
硬めで感度の良い竿、また道糸を張った状態を保って、針先から伝わる信号を手元で感じることが重要です。
特性としては、攻めの釣りと言えます。
魚がエサを咥えてから、違和感を感じて吐き出すまでが非常に短く、電撃速攻の合わせが必要になります。






ウキ釣り

ウキ釣り
ウキ釣り

浮きが立つ程度の錘を付けて、餌が底に付いた棚を保ち、仕掛けを水の流れに自然に流します。そして、浮きに出るアタリで合わせを入れます。餌を水の流れに自然に流すため、魚はより違和感なくエサを咥えやすく、食わせの釣りと言えます。
浮き釣りの場合、そのフィールドに合わせた浮き下の長さに設定する必要があります。餌がしっかりと底に付いた状態、かつ錘は少し浮いた状態を保つ必要があります。






私の仕掛けの概要

超小型遊動天秤の自作

釣具屋さんで売っている硬質ステンレス線を曲げて、遊動式の小さな天秤を作ってみました。
よくある片天秤ではなく、遊動にしたのは、何となく餌が自然に漂いやすく、また魚が違和感なく餌を咥えていてくれる時間が長くなるかなという思いです。
超小型遊動天秤
超小型遊動天秤

錘は絡まりにくいように固定式で、0.5号、1号、1.5号と、とりあえず3種類。1.5号には発砲シモリ浮きを付けてみました、これも何となくですが、仕掛けがよりフワフワっと自然に動くように。水深によって、しっかりと底が取れる重さで使い分けるつもりです。
延べ竿仕掛けにも、リール竿を使ったチョイ投げにも使えるはずです。
超小型遊動天秤 足の長めのもの
超小型遊動天秤 足の長めのもの

足の長めのものも。食いの渋い時は、少しハリスを長くとって、より自然に餌が漂うように。

シモリ浮きでアタリを取る

遊動式で魚が餌を咥えた微妙な仕掛けの動きをとらえられるようにシモリ浮きを付けました。水面下で目に見える位置に固定します。このシモリ浮きにいかにアタリを出すかが、この仕掛けでの釣りの鍵になります。

釣り方

超小型遊動天秤仕掛けの概要
超小型遊動天秤仕掛けの概要

シモリ浮きでアタリを取るので浮き釣りの要素、仕掛けを手前にちょんちょんと誘いながらサビく点は脈釣りの要素、天秤を使うところはチョイ投げの要素もあります。
ミャク釣りのように誘いをかけた後、間を置くことで、ウキ釣りほどではないと思われますが、遊動式なので、自然に餌を漂わせることができる、そういう算段です。
ちょんちょんと誘って、食わせの間を3〜5秒ほどとって、シモリのアタリで素早く合わせを入れる、そんなイメージです。

この仕掛けのメリット、デメリット

まずはメリットですが、ミャク釣りとウキ釣りのデメリットを解消できることです。
ミャク釣りでは、積極的に誘いを入れて瞬時に合わせますが、魚には違和感が伝わりやすく、合わせが遅れると掛かりません。その点、私の仕掛けは、ミャク釣りのように積極的に誘いを入れながら、遊動式でエサを咥えた際の違和感は少なくできます。
ウキ釣りの場合、そのフィールドに合わせた浮き下を取る必要があります。底の形状は様々ですし、駆け上がりなどでは仕掛けがもたれてしまい、浮きにアタリが出なかったり。浮き下の長さの調節が難しいケースが考えられます。この点、私の仕掛けは重ための錘でしっかりと底をとった状態で釣りができ、かつ遊動式なので魚が仕掛けを引っ張る反応はシモリ浮きに出せます。

デメリットとしては、あまり一般的ではない仕掛けで、私が思い描いている通りになるのかどうか、そのため釣り方についても情報はあまりなく、試行錯誤をする必要があります。また超小型遊動天秤は市販ではあまり見かけられないので、自作する必要があります。といっても、コストも手間もそれほどではありません。
ハゼ釣行第二弾、この仕掛けのデメリット追記しているので、合わせてご覧ください→






いざ実釣

エサは、ジャリメが細くて柔らかくて、食いが良いようですが、お値段が高いので、定番安価なアオイソメで臨みます。
180cmと短い竿しかないので、この長さに合わせた仕掛けで投入します。ハゼがいれば、すぐに反応があるはず、という能書きをもとに、少しずつ移動しながら。
良型ハゼ
良型ハゼ

アタリは、シモリ浮きがビューっと引かれるものから、トンと押さえ込むようなアタリ、なんだかモゾモゾっと動くようなアタリ、様々な変化が現れました。
合わせは、いずれも変化を感じたら素早く行います。上手くかかることもあれば、ブルブルっと感触だけ残して去っていくこと、また全くの空振りもありました。型の小さいのがスレ掛かりで上がってくることもありました。シーズン初期なので、まだまだ小型が多いのかもしれません。

ハゼの釣果 良型から小型まで
ハゼの釣果 良型から小型まで


可愛いセイゴもかかってきました
可愛いセイゴもかかってきました







おわりに

今回は、超小型遊動天秤シモリ浮き仕掛けと長々しい名前になってしまいましたが、概ねアタリも出るので良いかなと思っています。アタリがあってものらないのは、小型が多い可能性が高いかと見当をつけています。次は針の号数を落として試してみたいと思います。それで掛かりが良ければOK、あまり変わらないようなら、シモリ浮きをもっと小さくするか…こうやって色々考えるのも釣りの醍醐味ですよね。
また、王道のミャク釣りやウキ釣りも試してみて、自分の仕掛けに磨きをかけていきたいと思います。

ハゼのかき揚げ
ハゼのかき揚げ


いつものおじいさんは、サングラスをかけて、その日もテナガエビ、好きだというニッキ飴を二つくれて、日が高くなってきたので帰って行きました。いよいよハゼシーズンの幕開けです。

コメントを残す