ラインの材質とナイロン組糸

概要

このラインの特筆すべきところは、その材質にあると考えています。ポリアリレートというものです。糸グセがつかないことを優先した素材と言えます。主に海釣りで使用されるPEラインに近い質感です。ナイロンやフロロカーボンといったツルツルした単糸とは違い、繊維を撚り合せた糸で、この商品はそれにコーティングが施されています。
商品説明にもあるように、糸グセがほとんどつかないのが特徴です。テンカラ釣りにおいては、この点が最も有意な機能となりますが、この材質にはそれ以外の特徴もあります。

ポリアリレート

ラインの新素材といっても良いかもしれません。この素材の特徴は、糸の伸縮がゼロに近い、つまりほとんど伸びがないという特徴があります。PEラインもそうですが、伸びがないということは、ダイレクトに振動が伝わり、感度が高いということになります。
テンカラ釣りでは、ハリスを緩めて、たるませた状態でアタリを取るため、ラインの感度については、さほど釣りには影響しないと考えられます。

テンカラにおいて影響があるとすると、アワセの効き方です。ナイロンやフロロカーボン、特にナイロンはラインの伸びがあり、アワセの動作が多少吸収されます。つまり、多少大きな合わせをしてしまっても、より合わせ切れが起こりにくいと言えます。しかし、このポリアリレートの場合は、伸びがほとんどないため、竿を起こした力が針先まで伝わりやすくなります。つまり、アワセが強く効きすぎる可能性があります。ここで登場してくるのが、先端側に設けられたナイロン組糸の存在です。

ナイロン組糸

商品説明にもあるように、この商品には先端側に30cmのマーカーと呼ばれるナイロン組糸が設けられています。ライン自体に伸びがないために設けられた工夫で、説明の通りクッション材としての役割を果たします。
一つデメリットとして、組糸をつないだ部分で、ハリスが絡みやすいという点です。元々、テンカラ釣りの仕掛けは、ラインとハリスのつなぎ目には結びコブがあり、この結びコブを起点にもつれが発生しやすいのですが、こちらの商品の場合は、その結びコブが上下に2つあることから、トラブルの頻度が高くなる可能性があります。仕掛けの扱いに慣れている方であれば問題にはなりませんが、これからテンカラ釣りを始めたい「てんからビギナーず」の皆様にはお伝えしておきたいと思います。実際は結びコブに引っかかっているだけなので、解くのは簡単なのですが、焦ってゴチャゴチャっとしてしまうと、もつれてしまいます。慣れが必要ですが、糸のもつれは焦らずにゆっくりやることだと思います。






風に対する対策

風に強いラインとは、つまり、どういうラインかというと、比重が高くて重さがあり、張りのあるライン、該当するものはフロロカーボンになります。一般的にレベルラインとして販売されているものは、フロロカーボン製になります。
しかし、フロロカーボンは糸の張りが強く硬いので、一度巻きグセがついてしまうと、中々取れないというデメリットがあります(といっても、糸グセが取れないわけではありません)。巻きグセが残ったまま釣りをすると、ラインとハリスのつなぎ目がクルクルとなって、毛鉤が安定しにくくなります。
その点、ポリアリレートはしなやかで糸グセがつきにくいのが特徴です。そして、しなやかであるが故の風への弱さを補うために、この商品はコーティング剤を硬くしラインに張りを持たせる改良が行われたようです。
なお、ポリアリレートの比重は、フロロカーボンとナイロンの中間くらいで、ライン素材の中では高比重の部類に入ります。






長さはハリスで調整

この商品は、3.5m、4m、5mとなります。
このように長さが決まっているので、調整できるのはハリスの長さになります。といっても、いくらでも調整できるわけではなく、広く見ても80cm~150cm程度でしょうか。このように、長さに制限があることは一つのデメリットになります。






値段が高い

やはり、こういった機能性のあるラインはその分、値段設定も高くなります。ラインの材質から考えると割安な設定に感じられますが、定価は1500~1600円です(釣具屋さんではもう少し安く買えます)。実際に釣りをしていると、もう少しラインの長さが欲しいとか、ここの川では短めがいいとか、そう感じることがあります。長さを切り詰めて使うことももちろん可能ですが、30m~50m巻きスプールから、好きな長さを切り出せるレベルラインの汎用性には及びません。
ただ、一度買うと買い換えるまでには相当期間使えるはずなので、コストパフォーマンスは良いと言えるかもしれません。






おわりに

糸グセがつきにくく、視認性がよく、また比重の高い素材でキャスティングがしやすいライン。テンカラ大王こと、石垣尚男先生の監修のもと、初心者向けに開発された商品です。
しかし、私の所感としては、より玄人向けの商品ではないかと感じています。確かに初心者の方が扱いやすく、テンカラ釣りの早い上達に寄与することは間違いありません。ただし、機能性を追求し、価格設定も高いという面からは、より良いものを求める中上級のテンカラ師が欲しがる商品のように感じます。