毛鉤を自分で巻くのはいいとして、どんな針を選ぶのかで迷いますよね。そこで、私の考える選び方についてご紹介します。

フライ用のフックを使用する

ラインアイの有無

「アイ」とは正式にはアイレット(eyelet)の略です。正式には、ラインアイレットと言い、ラインを結びつける輪っかを意味しますが、通常は略してラインアイと言われます。ちなみにアイは、日本式の表現では「環 or 管(かん)」付きと言います。釣り針には、「環付き」として売られているものもあります。

話が少しそれましたが・・・・・・
毛鉤を巻くのに選ぶ針として、まずはアイ(環)が付いているか付いていないかがあります。

通常の餌釣りで使用する針にアイはついていませんが、毛鉤をまく工程でアイも糸で自作する方法があります。現在のようにフライフックが手軽に手に入らなかった頃には、餌釣り用の渓流針を使って毛鉤を巻いていたものと思われます。こだわる方にはこういった作り方も良いと思います。

私は手っ取り早く、最初からアイがついているフライフックをお勧めします

返しの有無

フックの返しの有無
フックの返しの有無

返し、英語ではバーブといい、これがないものをバーブレスといいます。
私は、バーブレスのフックを使用しており、初心者の方にもこちらをお勧めします。






バーブレスフックについて、一般的に言われているメリットデメリットを見ていきましょう。
  • バーブレスのメリット
    • 魚への負担を減らせる
      合わせた際に魚の口へ刺さりやすい

  • バーブレスのデメリット
        魚をばらしやすい

      私の場合は、少し理由が違います。
      テンカラ釣りでは、ほとんど重さのない毛バリを、ラインの重さを利用して投げ込みます。このキャスティングの際に、慣れないうちは自分の思うようにコントロールできず、自分の衣服や枝などに引っ掛けてしまうことも多々あります。
      この時、返しのあるフックを使用していると、外すのに一苦労します。特に衣服など目の細かいものに刺さると、本当にはずれません・・・

      確かに魚をかけた際、バーブ有りのフックのほうが、魚を逃しにくいのは間違いないでしょう。特に初心者のうちは魚をばらしたくないので、バーブ有りを選びがちですが、その分トラブルの確率もアップしてしまいます。

      ある程度慣れてきて、毛鉤をコントロールできるようになれば、釣りをするうえで、どこかに引っ掛けるといったトラブルも減ってきます。そこで、魚をばらしてしまうことが多いと感じるようであれば、バーブ有りを選択すればよいと思います。
      おそらく、バーブレスフックを使用して釣りをしていくと、おのずとバーブレスでもばれないように取り込むことができるようになると思います。

      トラブルを回避するうえでも、私はバーブレスをおすすめします






      針の大きさ

      私はもっぱら、フライフックの#12を使用しています。

      針の大きさを決める基準として、テンカラ釣りでは釣る魚の大きさによって決めるのがよいと思います。あまり小さすぎると、魚の口からすっぽ抜けてしまったり、あまり大きすぎると魚が口でとらえきれなかったりします。

      とはいえ、よほど小さくなければ、またよほど大きくなければ、フライフックの#12でまかなえると思います。実際に釣りに出てみると、驚くほど小さな魚でも、大きなハックルのついた毛鉤に食いついてきます。

      私がターゲットとしている魚の大きさは、手のひらいっぱい約20cm以上の魚です。この程度の魚を対象とする場合には、#12で問題ないでしょう。


      管理釣り場などで、大きなニジマスを相手にするような場合には#8番・#10番を、また小さなオイカワやカワムツを釣って遊ぶなら#14番・#16番を使えば、キャッチする可能性は大きくなるでしょう。実際に釣りに出てみて、試してみると色々と発見があります。針の大きさについても、まずは#12番を基準として、試行錯誤してみてください。







      針の形

      フライフックにもいろいろな形があります。
      テンカラ釣りの毛ばりに使用するフック
      テンカラ釣りの毛ばりに使用するフック

      イラストのように、基本的にはダウンアイ(アイがフック側に曲がっている)ものを選びましょう。餌釣りなどでも釣り針を結ぶ際には、ラインが針の内側に来るように結びます。これは、合わせた際に、てこの原理で針先がしっかり立つようにするためです。

      フライフックには、外側に曲げられたもの(アップアイ)もあります。
      アップアイのフック
      アップアイのフック

      これも針の内側から外側に向かって糸を通して針本体に結び付けるため、ライン自体は針の内側にくるように結びます。

      その他に、イラストの②のように、シャフト部分が長いもの、③のように全体にカーブしているものなど、形は様々です。これは、好みに合わせて選んでしまって問題ありません。私は、なんとなくですが、③のように全体がカーブしているものが、虫の形に近いかなと思い、よく使います。

      コメントを残す