いよいよ最終日、あっという間の3日間でした。今日は朝の釣行のみ。明日は新幹線に乗って帰宅。

昨日の朝に入ったポイントでもう一度。毛鉤を少し沈め気味に流していると、ラインが止まったり、モゾっと手に伝わってきたり。昨日は、流れが緩やかなポイントで、水面に姿を見せるようなアタリが多かったですが、どうやら今日は昨日よりも速め流れの中で、餌を水中で食べているような印象でした。

こんなところで釣れました。
2017/5/2釣れたポイント①
2017/5/2釣れたポイント①

ラインがピクっと押さえ込まれるようなアタリ、すかさず合わせを入れると、グリンと腹を返して重みが伝わります。
2017/5/2釣れた魚①
2017/5/2釣れた魚①

さほど大きくはないですが、これくらいが釣れると嬉しい。

次はラインが止まったり、モゾっとしたり、あやしいポイント。
2017/5/2反応があったポイント
2017/5/2反応があったポイント

何度か毛鉤を打ち込んでしまったので、逆引きで誘いを入れると、水面へ割って出てきました。しかし、空振り。その後、反応は無くなりました。誘いの釣りは難しい。





2017/5/2その他
こんなのも釣れてきました♪

次は流れの向こう側を流すと一投目で反応がありました。
2017/5/2釣れたポイント②
2017/5/2釣れたポイント②

ラインがピタッと止まりました。底石に引っかかったような感じもありましたが、とりあえず合わせる、するとグンと重みがのって、見えたのはグルグル回る魚体。
2017/5/2釣れた魚②
2017/5/2釣れた魚②

水面へ割って出てくれる釣りも面白いですが、こういう繊細な釣りもとても面白いです。

途中まで釣り上がって父親と交代しました。4/30に入ってすぐにアタリがあったポイントを父に告げ、眺めていると、すぐにそのポイントでいいサイズを釣り上げていました。やっぱり!という思いと、そこだけでも自分でやっておけば、なんて図々しく思ってみたり。でも、自分の思ったところで、人が釣ってくれるのも、自分の企みがうまくいったようで、嬉しいものです。
本日は午前釣行で終わり、明日の帰り支度をせねば。以上で、ゴールデンウィーク釣行は終了です。最後までお読みいただいた皆様、また大自然に感謝申し上げます。ありがとうございました。