待ちに待ったゴールデンウィークの釣行をまとめました。釣り場は揖保川上流域です。釣れた、掛けた、掛かったポイント写真もご紹介していきます。

朝6時半ごろ出発

前の晩に粗方の準備は済ませており、起きてそのまま車へ。朝飯前の釣行ですが、釣りの方はそう上手くはいきません。
支流もたくさんあって、新規開拓もしたいのですが、まずは行き慣れた小さな沢へ。どこの川も渇水で、小さな沢はなおさら。ほとんど釣りにならず、もう一つ馴染みの支流の下流側へ。ここも渇水気味ですが、何とか釣りはできそうです。と言いながら釣り上がっても、ほとんどあたりもありませんでした。

もう少し釣り進んで、ようやくアタリ。
2017/4/30朝のポイント
2017/4/30朝のポイント

緩やかな流れの中で小さな水しぶき、小さな可愛いアマゴでした。
2017/4/30可愛いアマゴ
2017/4/30可愛いアマゴ


そして、もう一つ、父親から前夜に教えてもらった、こちらは初挑戦の場所。しかし、覆いかぶさる木がテンカラを阻みました。渓相はとてもいいところです。こういった場所用に、短い竿も欲しいですね。ここではもう一つ嬉しい発見、竹竿に使えそうなスズ竹の群生。
これにて、退散。さみしいながらも、久々の地元渓にとりあえず満足♪






午後に第二陣

今年に入って、村の近くのこじんまりと切り開いて作った、ちょっとした山広場に子供達とおやつを持って出かけました。
2017/4/30鯉のぼり
我が家の鯉のぼりが寄付されて、元気よく泳いでいました。
2017/4/30藤の花
藤の花もキレイです。

帰宅してゆっくりした後、朝から法事へ行っていた父親が帰ってきて「行こか!」と、本日第二陣です。
まずは放流ポイントで、運良く残りがいればという本流ポイント。お手製の和竿で臨むも、アタリなし。早々にポイント変更。朝に入った川の上流側のポイントへ。ここも実績のあるポイントですが、あまりに釣果が寂しいので、和竿はお預けにして、先日の釣行で新調したシマノ渓流テンカラで。ポイントに入って第一投、油断していました、よそ見をして目を戻すと、魚がグリンと白い腹を見せて行ってしまいました。合わせも入れられず、情けない。その後も何回かアタリがあり、3回は掛けたものの、一尾はタモの穴からスルッと、小さいということですね。あとの二尾は手元でヒラリとバラし。言うは易し、だから釣りは面白い、悔しい。魚がいたポイントを写真でご紹介します。
2017/4/30午後のポイント①
2017/4/30午後のポイント①


2017/4/30の午後のポイント②
2017/4/30の午後のポイント②


2017/4/30の午後のポイント③
2017/4/30の午後のポイント③







初日終了

中々、厳しい幕開けでしたが、午後の釣行は、久々に感じたアタリ、魚の引きに、胸は高鳴りました。これだから、釣りはやめられない、そんな初日、ゴールデンウィーク釣行の幕開けです。