テンカラ釣りの入門記事まとめはこちらから

テンカラ釣りの入門書



毛ばりは消耗品

テンカラ釣りをしていると、よく毛鉤をなくします。私もまだまだ未熟なせいでしょうか。木の枝や沈んだ石やごみに引っかかり、どうしても回収できないことがあります。始めた当初は自分で毛ばりも巻けず、市販の高い毛鉤を泣く泣く諦めていました
最初のころは1回の釣行で、4・5個失くすことは当たり前でした。これでは、財布がもちません。こういった悩みから、自分での毛鉤巻きに挑戦することにしました。

結論から言うと、やはり自分で巻いた方が良いということです。私の場合、よく紹介されているような針を固定するバイス、糸をまくためのボビンなどは使用しません。巻き方については、こちらの記事でご紹介しています。

市販の毛鉤とのコスト比較

今現在、釣具屋やインターネット通販などでは、テンカラ釣り用の毛鉤が市販されています。安くみても、大体、4本セットで1,000円程度でしょうか。下手をすれば、4本すべてを一回の釣行で失くしてしまうこともあります。餌釣りの餌と考えても、割に合いません。







私の作る毛鉤のコストをざっと計算してみました。
上述の通り、私は道具類は一切使用せず、自分の手と材料だけで巻きます。
材料費はたった3つ。
    鳥の羽:ヘンフェザント(メス雉)約500円(50~80本)
    ミシン糸:太さ6号・一巻き100mで、約100円
    フライフック:100本入りで約800円

これを1本あたりに計算します。
鳥の羽1本:500円÷50本=約10円
ミシン糸1本分:1本に1m使用すると仮定すると…約1円
フライフック1本:約8円

合計で約19円となります。

市販のものですと、1本250円程度のものが多く、このように自分で巻くとここまでコストを抑えることができます。

もちろん、毛鉤を巻くための道具(タイイングセット)などを揃えると、5,000円~10,000円かかってきますが、私自身はあると便利だなぁ・・・とは思いますが、必要ないと思っています。

毛鉤を自分で巻く

手だけで毛鉤を巻くには、やはり少しコツがいります。文章だけでは、伝わりにくい部分もありますので、動画にしてご紹介したいと思います。
以下の記事を、ご参照ください。

道具を使わない逆さ毛ばりの巻き方⇒

コメントを残す