今シーズンの初釣行です。今回は、オンライン遊漁券購入サービスの「つりチケ」のスタッフの方にお誘いいただき、テンカラ大王こと石垣尚男先生とご一緒させていただきました。

当日の状況

前日にはが降り、当日はが強い状況でした。テンカラ釣りには不利な状況が揃っており、先生からも厳しい釣りになるとの事前談。

合流してからポイントへ、まずは石垣先生の講習です!書籍等で勉強させて頂いていますが、直接お話を伺うと、新たな発見や違った視点、自分の考えの再確認にもなり、とても貴重な時間でした。
石垣先生の講習会
石垣先生の講習会

まずは当日の川の状況、平水線の見方、石の色が変わったラインから約10〜15cmほどの増水、原因は前日の雨のです、水温(9度)は相対的に下がっていると考える、つまりは、魚の活性は低く、午後に向かって太陽が上がり、水温が上がれば活性づく可能性がある。釣りをする前の状況に自信が持てるかもてないかは重要です。勉強になりました。

川や魚の状況が厳しいことに加え、やはり、風は強いまま。風が吹いている間は、吹かれるがままに待ち、時折訪れる風止みにキャスティング、狙うポイントの見定め、また狙ったところへ毛鉤を打つのがとても難しかったです。






実釣

午前の部、二手に分かれて、名倉川にて2時間ほどの実釣でした。魚の姿を見ることなく、道の駅で昼食。名物、五平餅をいただきました。

午後は段戸川へ移動、少ないながらも川の中では魚影のあるポイントにて開始。午後も二手に分かれ、いざ入渓、した途端に虫が飛び始めました。午前の講習で習った、「ステージ」が変わった瞬間でした、目の前で魚のライズも。
高鳴る鼓動のままスタート、すると開始から少し釣り進んだところ、上流からの強い流れが少し弱くなってヨレているところで、ギラギラッと水中で抵抗する姿が目に入りました。掛けたのは私ではありません^_^;

思わず「ゆっくり!ゆっくり!」と声をかけてしまいましたが、私の心臓こそ高鳴っていました。タモをお渡しし、無事、ランディング。およそ7寸の美しいアマゴ、先生曰く、稚魚放流され、2歳にまで育った魚。掛けたのが私でないことは何よりも残念なことですが、背中側の淡く深い緑色、クッキリとしたパーマークに朱点、拝めたことが何より嬉しかったです。
ClearWaterProjectの代表理事 瀬川さん
ClearWaterProjectの代表理事 瀬川さん







和竿作りの師匠

石垣先生のご友人です。現在、私はテンカラ和竿の製作に初挑戦しており、ブログでも製作過程をご紹介していますが、貴重なお話が伺えました。
竹竿は重たく硬く、レベルラインでは振れないものと思い込んでいましたが、その方はレベルラインに合わせて製作されているとのこと。穂先の素材(高野竹、布袋竹)、穂持ち(上から2番目)の強度の重要性、竿全体の軽さ120g以下に。嬉しい出会いでした。
今後とも情報提供、ご指導いただけるとのお言葉も頂戴し、来てよかった、つくづく感じたところです。






終わりに

石垣先生にいただいたのサイン
石垣先生にいただいたのサイン

釣りとしては、本当に厳しい内容でした。自然を相手にする釣りです、当然といえば当然ですが、それでも魚を掛けるという達成感が味わえなかったことは悔しいの一言です。
しかし、今回は大変貴重な人のつながりを感じることができました。石垣先生をはじめ、テンカラ竹竿製作の師匠、つりチケの皆様。それぞれがテンカラ釣りや川や魚のことを真剣に考えておられ、今回、皆様のお話が聞けた私は一番幸せだったと思います。