手元上に中芯を通して補強

設計図(手元部の補強)
設計図(手元部の補強)

テンカラ釣りはキャスティングの回数が極めて多いのが特徴です。竿を何度も何度も振るため、竿にはそれ相応の負荷がかかります。竿が曲がって最終的に最も負荷が乗るのは手元側です。この手元側の補強その一、まずは上図にある、手元への中芯による補強を行なっていきたいと思います。

今回使用する道具

剣先キリ
剣先キリ

今回は長い竹の節を抜くことになるので、竹竿作り専用の剣先キリを用意しました。こちらも、竹素材と一緒にお店で見繕ってもらったものです。
手元上の元径は11.5mm、先径は9.4mmで、これに対するキリの太さは7mmになります。長さは90cmです。手元上の長さは約130cmですので、両端から節抜きをすることで、全ての節を抜くことができます。

電動ドリル
電動ドリル

これを電動ドリルにセットして回転させます。電動ドリルは、自作した固定台へセットします。

全体にタコ糸を巻く

節抜きでは竹の内径を削る際、外側へ大きな負荷が発生します。この際、竹が割れてしまう危険性があるため、タコ糸を巻いて、しっかりと補強を行います。
タコ糸巻き
タコ糸巻き


節抜き

それでは実際に節抜きを行います。緊張します。ここで竹が割れてしまっては、同様に心も砕けちってしまいます(^^;;
削り粉を途中で出しながら、少しずつ作業を進めます。


補強芯の矢竹の太さを調整

手元上の補強材
手元上の補強材(矢竹)

2本の矢竹の太さを整えます。矢竹素材の太さは7.0〜7.5mmです。強度維持のため削る量を最小限にしたいので、外径7mmになるように調整していきます。

補強芯の接着

太さを調整した矢竹芯を2液性のエポキシ接着剤で、ガッチリと接着します。この際、手元上の内径と矢竹の隙間をしっかりと埋めるようにたっぷりめに接着剤をつけます。
手元上の中芯補強
手元上の中芯補強

なんとか、途中で止まってしまうといったトラブルなく、ピッタリ入ってくれました。よしよし、順調順調。