テンカラ釣り師は、タモ(玉網、ランディングネット)を携行しない方も多くいらっしゃいます。その理由は、藪漕ぎ時に邪魔になる、なくても取り込めるなど、様々でしょう。他の釣りではほぼ必携とされますが、道具をシンプルにするテンカラ釣りならではの理由です。
逆に最近は釣った魚の写真を撮る魚を確実に取り込むと言った理由から携行するテンカラ師もたくさんいます。
もし、タモの購入を検討されるなら、当記事をご参考になさってみてください。それでは詳細を見ていきましょう。





玉網(たまあみ)、タモ網、タモ、ランディングネット

釣った魚を取り込む際に使う網、用途は同じですが、表題のように呼び名がいくつかあります。
単純に呼び名の違いだけで、あまり、深く考える必要はないでしょう。
釣りの現場では、「タモ」と呼ぶことが多いように感じます。釣り人は魚を掛かけて興奮状態、とっさに出てくる言葉は短くて言いやすいものに限ります。こちらでは、以降、タモと書こうと思います。

ちなみに、ランディングとは英語で「着地」という意味ですが、漁業の「水揚げ」といった意味もあるそうです。





渓流用のタモの形は、大きく分けて3つあります。

渓流でのエサ釣り用のタモに多く見られる形です。エサ釣りでは、釣り直前に川でエサを捕獲したりします。この丸い形は、この川虫の捕獲を考慮したものと言えます。餌取りでは、川の下流側にタモを構えて、その前にある石をひっくり返して流れてくる虫を捕獲したり、水草や葉っぱなどの障害物ごとすくったりと、口が広い方が有利になります。
また、この丸いタイプには、タモの柄を持った状態で、網の枠部分が下側へ傾斜しているものがあります。これは、足元でより魚をすくいやすくしたものです。

オーバル(楕円、卵型)

フライフィッシング用として多く見られるもので、このタイプをランディングネットと呼ぶことが多いようです。上述の丸い形が餌取りにも使うことを想定しているのに対して、こちらは魚を取り込むことに特化した形と言えます。

オーバル+柄がカーブ

上述のオーバル型に分類されるものですが、タモの持ち手がカーブしているものがあります。フライフィッシングでは、フライベストと呼ばれる特有のベストがあり、背中にD型のリングが付いています。このリングはマグネットホルダーを使って、背中にタモを固定して携行するためのものです。このカーブした形状は、背中につけたタモを掴みやすくするためのものです。また、こちらも魚がすくいやすい形状とも言われますが、こちらは慣れや好みもあるでしょう。





大きさ

大きさについては、ズバリ、釣りたい魚の大きさで決めましょう。といっても、どれくらいの魚が釣れるかわからない初心者の方は困りますよね。

私の考えでは、使いやすい大きさは、網の枠が25〜30cm程度と思っています。
大きなものでは枠の長さ40cm、タモの全長が60cmというものもあります。本流や管理釣り場などで、大物を対象にする場合には、これくらいのサイズが安心です。
しかし、渓流での釣りを考えた場合には、持ち運びのしやすさも大事になってきます。中には折りたたみ式でコンパクトに持ち歩けるものまであるほどです。





網の素材

撚り糸(クレモナ糸)

合成繊維を撚り合わせてた紐を使用したものです。クレモナとは商標名なのだそうです。耐候性に優れており、漁業用の網やロープなどにも使用されます。同様にタモのネットの素材としても一般的です。
こちらのタイプでは、返しのあるフックを使用している場合、絡まると取り外しにくいというデメリットもあります。

ナイロン

単糸で大きな網目のもの、また細かく編み込んだものもあります。細かく編み込んだものは、撚り糸と同じく、返しのあるフックが抜けにくいことがあります。また、比較的安価で手に入りやすいタイプと言えます。

ラバーネット、ラバーコーティング

こちらの大きなメリットは、上述してきたフックの絡まりを最小限に抑えられるというもので、フックを多く使うルアー釣りで特に活躍するタイプです。魚を傷つけにくいというメリットもあるようです。





基本的なタモの使い方

釣り全般に言える、タモの基本的な使い方です。

タモは構えて動かさず、魚を頭からタモへ誘導する。

タモを動かして魚に近づけると、反射的に魚が暴れ出します。手で魚を掴みに行くのと同じようなことで、魚からすると自分に向かってくる大きなモノ、危険なモノということになります。磯釣りや船釣りなどで大物に対して、タモ入れをする際には鉄則となります。
しかし、渓流での使用では、さほど気にする必要はありません。魚がさほど大きくない場合などは、素早くタモですくっても問題ない場合がほとんどです。
タモからすくいにいく場合でも、注意しておきたいことがあります。それは、魚の頭の方向です。魚は頭の方向に向かって泳ぐので、尾の方からすくおうとすると逃げられる可能性があります。ですので、すくう際には頭側から行うようにしましょう。またタモに入るまでは、ラインを緩めないことも大事です。





流されないように対策を

川でタモをを携行する場合、タモを落としてしまうと、流されてしまいます。片方の手は竿で魚とやりとり、そして、もう一方の手でタモを取り出すわけですが、落としてしまう確率はそこそこ高いと思って間違いありません。
着用しているベストやウエーダーのベルトなどと、何らかの紐で繋げておき、流されても手繰り寄せられるようにしておきましょう。この対策は必須と言って良いほど大事です。