合わせがきまりました、あるいはバックキャストに入った時に掛かっていました、それでも良いです!魚を掛けてからのやり取り、取り込みの動作は、テンカラ独特のものになります。ここでは、魚を掛けた後の一連の動作を見ていきましょう。

足場の確保を最優先

まずは、足場をしっかり確認するようにしましょう。水の流れの中で魚とやり取りすると、慣れないうちは足を取られて転倒の恐れがあります。できれば、川の中から足場の良い岸川へ移動しながら、やり取りするようにしましょう。ラインを緩めなければ、また強く引っ張りすぎなければ、バレることはありませんので、まずは、足場を確保するようにしましょう。
大きな魚がかかった場合には、どうしても竿のしなりだけでは、最初の抵抗を抑えきれない場合があります。こういったときには、水の中を移動しながら、魚の抵抗をいなしていくことになりますが、魚ばかりに気をとられず、最優先は自分の足場の確保です。






竿のしなりで魚を誘導する

毛鉤に掛かった魚は、当然抵抗します。無理に引っ張れば引っ張るほど強く抵抗します。特にヤマメ、アマゴはローリングといって、体をグルングルンと回して、毛鉤を外しに掛かってきます。

私のイメージでは、魚を掛けた後、魚を引き寄せるために引っ張るのではなく竿のしなりの力で、魚が泳ぐ方向を誘導する、という感覚です。
ですので、慌てずに、こんな時にこそ冷静に、魚をいなす、感覚的にいうとこんな感じになります。

実際の竿の動きはというと、魚にかかるテンションを一定に、つまり竿のしなり具合を一定に保つようにします。竿のしなりの役割はここにあります。魚の抵抗の強さに合わせて、適度なラインの張りを保てるように働きます。ですので、釣り人は竿のしなりが効くように、竿の角度を保ちます。

コツとしては、魚の頭の方向を意識することです。まずは、魚の頭が下流側へ向かないように上流側へ誘導します。流れに乗って走られると、流速も手伝ってかなりの力になるからです。

魚の頭を上流側へ誘導するため、上流側へ竿を倒し気味に保ちます。また、魚が自分の方へ向かってきたら、自分の後ろ側へ竿を倒します。このように、上流側と手前側への方向でやり取りとするのが理想です。
しかし、そう上手くいくことばかりではありません。向こう側へ走られれば、少し竿お送り込む程度にし、竿のしなりで何とか耐えるようにします。竿のしなりだけでは、ラインが切れてしまいそうな大物がかかった場合には、魚が進む方向へ足場を移しながら、抵抗がおさまるまで耐えましょう。この時に竿を魚が走る方向へ倒してしまうと、竿のしなりが伸びてしまい、ラインへ直接負担がかかってしまいます。ラインを緩めないためにも、竿のしなりを保つことは忘れないようにしましょう。

そうこうしていると、竿のしなりが元に戻ろうとする力で、魚が手元に寄ってくる、これが取り込みの基本になります。

実際には、石や周りの木々、流れの速さや深みなどによって、無理に引き寄せなければならない状況もあります。こういったことは、その場その場で、最終的に自分がどこで魚を取るのかを意識しながら判断していくことになります。

色々と書きましたが、一貫しているのは、しっかりと竿のしなりを利用するということです。

手でラインをたぐる!緩めない!

テンカラ釣りの仕掛けは、ライン+ハリスで、竿よりも長くなっています。このため、魚を足元へ寄せるためには、手でラインをたぐる、という動作が必要になってきます。

まずは、竿をもっていない方の手で、ラインをつかみます。この時に、手を伸ばしてラインをつかもうとすると、竿が前に倒れてしまい、ラインが緩んでしまいます。手でラインをつかみにいくのではなく、竿を後ろ側へ倒し、ラインを手の方へ寄せるようにしましょう。

竿と反対の手でラインをつかんだ後は、両手を使ってたぐっていきます。この時に魚が暴れることもあり、ここでは竿のしなりが利用できないため、糸は強く持ちすぎず、引っ張ると緩む程度に持ちましょう。

取り込み

そして、最終段階です。魚をリリースする場合には、ランディングネットを使用し、できるだけ魚に触れない方が良いとされています。魚を手で触る場合には予め手を水で濡らしてからにしましょう。
手でたぐって、構えたランディングネットの中に入れても良いですし、ある程度たぐって足元まで魚を寄せ、ランディングネットですくっても良いでしょう。その時の状況、ご自身のやりやすいやり方でOKです。
手で魚を掴む場合には、胴体を持つと滑るので、エラ蓋付近を掴むと良いでしょう。

おわりに

これで、ようやく魚を取ることができました。実際に釣り場へ出ると、ここに書いたようなことを意識しながらやるのは、難しいでしょう。まずは、予習として目を通していだだき、釣り場へ出た後に上手くいかなかったと思う点があったなら、今一度読み返してみてください。何かお力になれる内容があるなら、幸いです。