テンカラ釣りをしていると、誰でも経験があると思います、です。重さのない毛鉤を錘なしで投げ込むテンカラ釣りです、少しの風でもその影響を受けてしまい、思うように投げられないことがあります。そんな中での対応策について、今回は見ていきたいと思います。

レベルライン派

レベルラインとは、太さが一定の単糸のことです。風のある時こそ、テーパーラインよりもレベルラインが有利という考え方があります。それは、レベルラインはテーパーラインと比べて細く、風の影響を受けにくいということが理由になります。レベルラインでもしっかりと竿の反発力を利用して投げられれば、風の中でも影響を受けずに投げられる、そういう考え方です。

テーパーライン派

一方、テーパーライン派の言い分としては、硬めの竿で太いラインを使って、風に対して「力」で対応するという考え方です。風の影響は多少大きくなりますが、硬めの竿を素早く振った強い反発力、その力を伝えやすい太いラインでキャスティングすることで、風にも負けない力を生み出す、元々太いラインを使用するフライフィッシングのキャスティングに近い考え方かもしれません。






私の考え

上述の二つの考えについていうと、私はテーパーライン派になると思います。これは使っている竿との相性もあると思います。私の持っている竿で、テーパーラインを使用してキャスティングをすると、擬音語でいうなら、「スパッ」とキャスティングが決まります。当然といえば当然で、テーパーラインとは竿の反発力が伝わりやすいように、竿側は太くだんだんと細く作られているからです。
しかし、私はテーパーラインはあまり使いません。テーパーラインにもいくつか種類があり、その種類ごとにデメリットを見ていきたいと思います。

撚糸を使ったテーパーライン

撚糸のテーパーラインは、市販のものもありますが、私は自作したものしか使ったことがありません。家庭にあるハンドミキサーを使って作っており、作りが甘い部分もあると思うのですが、一般的にもより糸はトラブルが多いと言われています。仕掛けを枝などに引っ掛けた場合、ラインを引っ張ると撚糸の撚りがほどけて不均一なったり、最悪もつれてしまうこともあります。

テンカラ用のテーパーライン

こちらはテーパーをかけるのに太さの違う糸をつなぎ合わせるのではなく、竿側が太く、毛ばり側が細く、単糸を加工したものになります。代表的なものはフライフィッシング用のラインがありますが、最近はテンカラ用のものも市販されています。ですので、撚糸のようなトラブルはなく、非常に使いやすいです。しかし、デメリットもあります。一つは、値段が高いことです。一度買ってしまえば、相当程度使うことができますが、それでもやっぱり手が出しにくいのが正直なところです。もう一つは、長さの調整が難しいことです。何度か川へ通ってみるとわかってくるのですが、この場所ではこれくらいの長さでキャスティングできたらやりやすい、とか、この沢ではもう少し短くしないとトラブルが多いとか、なんとなくそういうことを感じ始めるようになります。多少の長さは自分の立ち位置の調整でなんとかなりますが、テーパーラインの場合、ほしい長さがあったとしても複数そろえるとなると、コストもかかってきます。この点、レベルラインは低コストでありながら、自分好みの長さに調整もできます。






レベルラインでの風対策

私が行っている風対策をご紹介します。

風には逆らわない

レベルラインは細いといえど、風の抵抗を受けずにキャスティングするのは困難だと思っています。これも、技術を磨くことで、できるようにもなるのかもしれませんが、初心者のうちは、あえて風に逆らわずに、風に乗せるようにキャスティングすることをお勧めします。
風で特に問題となるのは、上流側から吹き降ろしてくる風です。下流側から吹いている風なら、通常吊り上がっていくテンカラ釣りですので、楽にキャスティングができます。上流側から吹き降ろしてくる風に遭遇した場合には、下流側から投げるのではなく、一度ポイントから離れて、魚に気付かれないように、ポイントの横側から、あるいは上流側へ回り込んで、風に乗せてキャスティングします
風があるとどうしてもキャスティングが安定しにくくなります。ですので、投げて飛ばすことに力を注ぐよりも、脳みそや手の力をできるだけ毛鉤を思ったところに落とすことに割きたいところです。

いさぎよく沢を変える

それでも、風に邪魔されるようなら、風裏にあるような場所へ移動しましょう。どうしても、そこで釣りをしたい場合には、時間帯を変えることで風がおさまっていることもあります。無理をして粘るよりは、テンカラの良さを活かして、軽快に、移動を決意するのも大事なことです。