道具をそろえて、仕掛けを作って、キャスティングができるようになりました。次に押さえておくべきポイントは、毛鉤の流し方です。自分が狙いたい場所へキャスティングをした後、どのような点に気を付けて毛鉤を流すか見ていこうと思います。

基本が全て!自然に流す

テンカラ釣りで対象となる魚は、水面近くに流れてくる餌をねらって定位している魚となります。水面近くを広い視野でぼんやりととらえ、流れてくる餌を見つけると上昇しながら、ひったくるようにくわえ、元の位置にもどります。
この過程でまず第一に重要なのは、毛鉤が川の流れに自然に乗って流れることです。不用意にラインを引っ張ってしまうと、流れてくるほかの餌と比べて違う動きをすることから、魚は違和感を覚え、最悪、警戒させてしまって、せっかくの魚が反応しなくなってしまうこともあります。
魚の反応が鈍い時に誘いを入れるような方法が紹介されたりもしますが、誘いは言わば流れに逆らって毛鉤を動かす動作であるため、逆効果になることもあります。
まずは自分が狙っている流れに、いかに自然に流すかに注力するようにしましょう。





ラインを水面につけないようにする

ハリスは0.5号~1.5号程度の細いものを使用します。この細さでも川の流れによる水圧の影響はゼロではありません。ましてや、3~4.5号といった太さのラインは言わずもがな、水圧の影響は大きくなります。
つまり、ラインを水面につけてしまうと、川の流れによってラインが引っ張られてしまい、それと連動して毛鉤も引っ張られてしまう現象が発生します。毛鉤を自然に流すためには、キャスティングをした後、ラインとハリスの結び目が水面よりも上にある状態を保つようにしましょう。そのためには、流れに合わせて竿の角度を適度に保ちながら動かしていく必要があります。このとき、竿先は揺らさないようにスムーズに動かします。

ラインテンションに気を付ける

毛鉤を自然に流すうえで何に注意すればよいか、これは毛鉤につながっているハリス、ラインです。ライン、ハリスがついていない状態だと、もちろん毛鉤は問題なく流れにのってくれます。しかし、釣りをする以上、毛鉤とラインとハリスはつながっています。
毛鉤の流し方
毛鉤の流し方

上述の通り、ラインを水面につけないよう、ハリスとの結び目が水面上にくるように竿の角度を保ちます。さらに、イラストのように水中のハリスをたるませておくことによって、毛鉤を引っ張る力を最小限におさえることができます。こうやって言葉にすると難しいようですが、ラインを水面上の状態に保つ際に毛鉤を引っ張らないように少し水中へ送り込む気持ちで竿先を保ってみてください。





水中のハリスと毛鉤をイメージする

水を吸い込んだ毛鉤はゆっくりと沈んでいきます。つまり、キャスティングした毛鉤は水面~水面直下約10cm程度沈んだ状態で流れていきます。状況が良ければ毛鉤まで見ながら釣りができますが、小さい毛鉤や細いハリスを目でとらえきるのは難しいものです。ここで必要となってくるのは想像力です。もちろん、毛鉤・ハリスを見ることを怠ってはいけませんが、見えない部分はラインの位置、手に伝わってくる感覚などから、水中でハリスにたるみができているかなどをイメージします。
といっても、何の材料もなくイメージすることは難しいと思います。ここで私がやってみた方法をご紹介しておきます。これは、釣り場ではなく自宅でできることです。

あれば水槽、なければ鍋でもなんでもよいのですが、実際に毛鉤にハリスを結んで毛鉤がどのくらいの速度で沈んでいくかを見てみます。もちろん、川では流れがありますので、同じ速度で沈むわけではなく、流れによる水圧で沈む速度は遅くなります。でも、何も情報がないよりはイメージがしやすくなるはずです。ここは流れが速いからあまり沈んでいないな、とか、ここは流れがないからあれくらいの速さで沈んでいくな、というように目安ができます。この毛鉤が沈む速度よりも早くハリスを水中へ送り込むことで、ハリスにたるみを作ることができます。
テンカラ釣りの入門記事まとめはこちらから

テンカラ釣りの入門書


おわりに

今回は、とても細かいお話になってしまいました。言葉にすると中々理解しにくい内容になってしまい、申し訳ありません。要は、いかに毛鉤にハリスやラインがついていないように流れに乗せるか、を私なりに考えた方法になります。皆様も、実践しながら、私の方法をお試しいただき、また独自の方法を編み出していただければと思います。

コメントを残す