テンカラ釣りでは、どのようなポイントで魚が釣れるのか、初心者のうちは最も気になる悩みですよね。今回は、こういった悩みについて、「とにかく投げてみる」という切り口から見ていこうと思います。
テンカラ釣りの入門記事まとめはこちらから

テンカラ釣りの入門書


第一投目で釣れることがほとんど

「とにかく投げる」というと、何でもかんでも投げまくる・・・と思ってしまいがちですが、その前に、少しだけ。私がこれまでテンカラ釣りをしてきて、思い返してみると、一つのポイントにおいて、第一投目で魚が反応することがほとんどです。最初の一投が大事になるので、やみくもに水面をたたいて魚に違和感を与えてしまわないよう、注意する必要があります。
魚の視界は相当広いと考えてよいでしょう。1点を細かく見ているといいうよりは、広い範囲がぼんやりと見えているといった状態といわれています。つまり、えさを食べようと待ち受けている状態で、毛鉤が飛んでくると1投目でも十分視野にとらえられていうことになります。特にアマゴ・ヤマメは、水中でかなり俊敏に泳ぎます。ポイントから離れるとあきらめて毛鉤を追わないとも言われていますが、大きく外れていなければ、イメージでは魚を中心に40cm程度の幅に毛鉤が流れれば反応してくれます。






とにかく投げてみる

魚には毛鉤がよく見えている第一投目が一番のチャンスであるということをしっかり念頭いおいて、ここからはとにかく投げていきましょう。特に初心者のうちは、どういった流れに、どういったポイントに魚がついているか、想定しながら釣りをするのは難しいと思います。ですので、自分の想像するポイントを探すのではなく目に入る流れすべてに毛鉤を打つぐらいのつもりで、一つ一つ丁寧にキャスティングしてみましょう。すると、思わぬところで、魚の反応があったりします。
毛鉤に反応するしないは別として、沈み石があるなど身を隠せる場所があるような場所には、ほとんど必ず魚はいると考えてよいと思います。沈み石というと、偏向グラスをかけていないと中々目につきませんが、川の中にはいくらでもあります。そういった、沈み石付近の水の流れに魚がついている可能性があります。

とにかく投げる、ただし、第一投目が大事であるため、最初の一投を丁寧にキャスティングすることです。






「釣れる」を体感すること

テンカラ釣りのいいところは、竿、ライン・ハリス、毛鉤というシンプルさ、つまり手返しの良さが一つ挙げられます。道具がシンプルな分、次々にポイントを移動しながら魚を探しながら釣り歩くことができます。この長所を活かすためにも、まずは釣り場へ行って、とにかく竿を振って実体験してみることをお勧めします。一つのポイントがダメでも、すぐ先にはまたポイントが待っています。さらにその先にも・・・という具合に、その場で失敗しても次があるので、トライ&エラーを繰り返していくことで、実体験として魚が釣れたポイントを作り上げていくことができます。
もちろん、ちまたには教科書的な情報もたくさんありますし、当サイトでもご紹介していこうと思っています。こういった情報での予習は自分の中の引き出しを作っておくという意味で、大変有意義なことです。しかし、自分で体験して得た情報に勝るものはありません。ぜひ、あれこれ考える前にキャスティングしてみることからはじめましょう。

コメントを残す