テンカラ釣りで使用する毛鉤は、針に鳥の羽のハックルを巻き付けた構造になっています。ハックルが乾いた状態では水に浮きますが、ハックルが水を吸った状態になると針の大きさにもよりますが、ゆっくりと沈んでいきます。川は絶えず水が流れているので、主に探る水深は、水面~水面直下(0~10cm程度)となります。しかし、魚にとって水面近くは外敵に近づくようなもので、リスクをおかして捕食することになります。つまり、より積極的にエサを求めている状況でないと、釣れないということになります。ここで釣り人が考えることは、やはり、毛鉤を沈めてみる、ということです。
こちらでは、毛鉤を沈める方法について、分かりやすい例をイラストを用いて見ていきたいと思います。






水面が盛り上がっている場所を探す


川下から上流側を眺めてみると、一本の川でも実にたくさんの流れが複雑に絡んで水が流れていることがわかります。今回、比重の軽い毛鉤を沈めることを考える場合には、流れの中でも川底に向かって沈み込む流れを見つけることになります。ここでは、最も簡単な見つけ方として、イラストのような沈み石があるようなパターンをご紹介したいと思います。
毛鉤を沈めてみよう
毛鉤を沈めてみよう

川下から上流側を見た場合に、大きめの沈み石があるところ、もしくは水面が盛り上がっている箇所があると思います。石などの障害物にあたって盛り上がった水は、その障害物に沿って下側へ沈み込むように流れこみます。こういったポイントは、毛鉤を深く沈めやすいとともに、魚も沈みこむ流れに乗って落ちてくる餌を待ち伏せしやすいポイントでもあります。






下へもぐりこむ流れに毛鉤を乗せる

上のイラストのように障害物に水が当たって水面が盛り上がっている部分では、その後ろ側に沈み込む流れが発生していることが多いです。この沈み込む流れにうまく毛鉤をのせるようにキャスティングする必要があります。あまり上流側から流しすぎてラインが水面についてしまと魚に違和感を与えてしまう可能性があります。かといって、イラストの☆部分のピンポイントキャスティングも難易度が高くなります。また、何回もキャスティングしていると、魚に気づかれてしまいます。
このように、キャスティングはある程度の正確性が求められます。その後毛鉤をうまく流れに乗せるコツとしては、ラインを張りすぎないように少し緩めるようにして送り込むことです。
中々難しいですが、毛鉤を沈める練習として、いろいろな場所で流れに乗せる感覚を体感してみることから始めてください。

難しい合わせ

毛鉤を沈めて釣る場合、アタリをとる、つまり合わせが難しくなります。通常、テンカラ釣りでは、水面~水面直下を毛鉤流すために魚が毛鉤をくわえる姿が目に見えます。ですので、合わせのタイミングも図りやすくなります。しかし、毛鉤を沈めた場合には、魚が毛鉤をくわえるところが見えません。どこでアタリをとるのか、ということが問題になってきます。ラインの動きでアタリをとる竿先から伝わってくる微妙な違和感であたりをとる、と様々なことが言われます。私もまだまだつかみ切れていないところです。






おわりに

いかがだったでしょうか。水面近くでの釣りに加えて、毛鉤を沈めることで、より釣りの幅が広がることが想像できると思います。しかし、毛鉤を沈めて釣る場合には、まず毛鉤を沈めるスキル、アタリをとるスキルと、難易度が高いのも事実です。こういったところに、足を踏み入れ、挑戦していくことも、テンカラ釣りの楽しみの一つではないでしょうか。記事を書いていて、釣りに行きたくなってしまう、そんな私です。

コメントを残す