渓流釣りに必要な道具として、偏光グラスがよくあげられます。テンカラ釣りを始めて数年になりますが、現在、私は偏光グラスは所有していません。ですので、なくても釣りができることは間違いありません。しかし、必要と感じる場面もあり、次にそろえたい道具の一つでもあります。ここでは、偏光グラスの必要性を見ていきたいと思います。

テンカラ釣りの入門記事まとめはこちらから

テンカラ釣りの入門書


偏光グラスとは

たとえば、水面に夕焼けが反射してきれいな風景は、誰でも想像できる風景ですよね。テンカラ釣りでは川の中を歩きながら釣りをするわけですが、夕方でなくても少なからず水面で光が反射しています。偏光グラスはこういった反射光の透過を妨げるフィルターを備えたサングラスで、つまり、水の中がよく見えるサングラスというものです。
釣りに限らず、車の運転や屋外でのスポーツなどでもよく使われます。

偏光グラスを選ぶ際に、まず確認しておきたいのが、可視光透過率偏光度の二つの数値です。可視光透過率とは、どの程度光を透過するかという指標で、完全に光を通す状態を100%とし、低い数値であるほど目に見える景色は暗くなっていきます。偏向度とは、反射光などの雑光をどの程度カットするかという数値で、こちらも同じくパーセントで表されます。

この二つは相反する指標で、偏向度を高くすると、可視光透過率は低くなり、景色は暗く見えにくくなります。また、偏光度を低くすると、反射光などの雑光も通す代わりに可視光透過率も高くなり、景色は明るく見やすくなります。
それ以外にも、レンズの強度やゆがみなど、細かい点をあげると、奥が深い世界が広がっています。

ここでは、細かい点はほどほどに、要は水中の様子がよく見えるようになるサングラスであるということを押さえておきましょう。







水面下の状況を見る必要性

冒頭に述べた通り、私は偏光グラスを持っていません。しかし、偏光グラスは新たにそろえたい道具の一つでもあります。では、なぜ偏向グラスがほしいのか、というと。魚を見つけるため・・・ではありません

川の中を上流に向かってどんどんと釣り上がっていくテンカラ釣りですが、川の向きや時間帯によって、進む方向の川面が完全に光が反射して、次に足を踏み出す場所に石があるのか深さがどれくらいなのか判別がつかないことがあります。これは危険なことで、感で足を踏み入れて、思ったより深かったり、大きな石があったりすると、転倒の恐れがあります。川はたえず水が流れており、転倒するとその水圧を体全体で受けてしまい、浅い場所でも十分溺れてしまう危険性があります。

このように安全面を考えて、購入を検討しています。偏光グラスをかけて、魚を見つけようとは、これっぽっちも考えていません。魚は見えなくても、川の流れや石などの地形でおおおその見当をつけることで、充分に魚は釣れます。







毛鉤を投げるという危険性

テンカラ釣りでは、ほとんど重さのない毛鉤をキャスティングします。つまり、キャスティングした毛鉤は風の影響を受けやすく、思いもよらないタイミングで、自分の顔に飛んでくる危険性があります。
また、複数人で釣行する場合や管理釣り場などでも同様に、毛鉤が顔に飛んでくる可能性は十分にあります。自分が加害者にならないように同行者にも着用を求めること、また被害者にならないためにも着用することを心掛けたいものです。このように目を守るという意味合いでも、偏光グラスは役に立つツールといえるでしょう。

コメントを残す