テンカラ釣りで使用する結び方、こちらでは竿先に結んだラインと、ハリスの結び方をご紹介します。テンカラ釣りのラインは竿先からの反発力を最大限に伝えるために、ある程度太いものが使用されます。ハリスについては、先に毛ばりを結び付けますが、魚に違和感を与えないように細いものが使用されます。糸と糸をつなぐ結び方は、様々な方法があります。

テンカラ釣りでは、枝や岩に引っ掛けて切れてしまうことも多いのが、仕掛けの中で最も細いハリスです。つまり、ラインとハリスは川の流れの中に立った状態で結ぶことも多くなります。こういったことを考慮すると、結び目の強度よりも、結び方が簡単であることが重要と考えています。こちらでご紹介する方法は、簡単な結び方を組み合わせて行うものになります。

前置きが長くなってしまいましたが、それでは詳細を見ていきましょう。

他の結び方はこちらから
竿とラインの結び方⇒
ハリスと毛鉤の結び方⇒







ラインの端は玉結び、ハリスの端はチチワ結び

結び方-ラインとハリス①-
結び方-ラインとハリス①-

まず第一段階として、ラインの端には玉結びを行い、こぶを一つ作っておきます。こちらの結び目は、一度作ってしまえば、ラインを交換しない限りは結びなおす必要がありません。最初の一回だけの作業となります。
そして、ハリスの端はイラストのようにちちわ結びを行います。
どちらもごくシンプルな結び方です。







ラインとハリスをつなぎます

結び方-ラインとハリス②-
結び方-ラインとハリス②-

まずは、ハリス側に①で作った輪っかにハリス元糸を通して輪っかを作ります。できた輪っかにラインの端を通します。そして、ハリス元糸を引っ張って締めこみます。ラインの端につくった玉結びのコブがストッパーの役目をはたすことになります。







さいごに

実際に川に出てテンカラ釣りをしていると、木々の枝や葉っぱ、川の中に沈んだ木くずなどのごみ、その他諸々、実にたくさんの障害物があります。これらに、毛鉤をひっかけてしまうことも多いです。引っかかった場所が手の届くところであれば、そこまで足を踏み入れて毛鉤をはずして釣りを再開することもできますが、木の枝の高いところ、流れが急なところにある岩、水深が深いところなど、手が届かないところは、仕方なくハリスから先を切ってしまうことになります
要するに、ラインとハリスの結び目は、魚とのやり取りに足りるだけの強度は必要ですが、ひっかけた際にラインを確実に回収できる、つまりハリス側が切れるということが求められます。
また、ハリスは細い分、釣りをしていく中で石や水中のごみなどにすれることで、傷がついていきます。そのままの状態で魚をかけてしまうと、そこから切れてしまって、魚をバラスことになり、魚に毛鉤とハリスをつけたままの状態で放ってしまうことになります。これを避けるためにも、こまめに状態を確認しながら、交換していくことが必要になってきます。つまり、できるだけ簡単に結び付けられることが求められます。
今回ご紹介した結び方では、こういった条件を満たした結び方になります。

コメントを残す