テンカラ釣りで使用する結び方をご紹介します。ここでは、竿とラインを結びつける方法で、私が行っているものをイラストを使って解説していきます。他にも色々な方法がありますが、こちらで紹介する方法は取り付け、取り外しが簡単ですので、ぜひお試しください。

他の結び方はこちらから
ラインとハリスの結び方⇒
ハリスと毛鉤の結び方⇒

ラインの端に玉結びを二つ

結び方-竿とライン①-
結び方-竿とライン①-

イラストのように、竿を結びつける側の端に玉結びを2回行って、こぶを二つ作っておきます。こちらのこぶは、一つは②で行う投げ輪結びのストッパーの役目、もう一つはラインを竿先から外す際の持ち手になります。こちらのこぶは、一つでも可能です。






投げ輪結び

イメージとしてはカウボーイが馬に乗ってグルグル回しながら持っているロープの結び方です。輪っかになった部分を投げて牛の角にかけ、あとは手に持っているロープを引っ張ると輪っかが締まっていく。ロープはライン、牛の角は竿先に置き換えてください。
結び方-竿とライン②-
結び方-竿とライン②-

イラストのように投げ輪結びを行い、①の玉結びのところで締めます。そして、できあがった輪っかの部分に竿先のリリアンを通して、ラインを矢印の方向へ引っ張って締めこみます。

このように結ぶことによって、魚がかかった際にも結び目が締まる方向に力が加わるため、結び目が緩むことがありません。







取り外し

竿先からラインを取り外す際には、①で作った玉結びの部分をつかんで引っ張ることによって簡単に取り外すことができます。こちらの結び方のメリットは、なんといっても取り付けと、取り外しがワンタッチでできるというところです。デメリットとしては、取り外しがしやすい分、すっぽ抜けるリスクがあるということになりますが、私の経験上、この結び方でラインが外れてしまったことはありません。
テンカラ釣りの入門記事まとめはこちらから

テンカラ釣りの入門書


おわりに動画紹介

覚えてしまえば、簡単にできる結び方ですので、釣り場に行く前に、お手持ちの釣り糸を使って練習してみてください。最後にこちらの動画も参考にしてみてください。


コメントを残す