こちらの記事で紹介しましたが、私はテンカラ釣りを始めてから1本の竿をもう数年使い続けています。この最初の1本で、十分キャスティングもできるし、ラインやハリスの長さを調整しながら、狙ったポイントへ毛鉤を落とせるようになり、充分釣りが楽しめているので、あえて新しい竿を買う必要もなかったからです。
しかし、人間の欲は尽きないもので、さらに竿に求めるポイントがいくつか出てきましたので、ご紹介します。
テンカラ釣りの入門記事まとめはこちらから

テンカラ釣りの入門書


もっと遠くのポイントを攻めたい

私が現在使用している竿の長さは、3.3mです。この竿で、ラインの長さを竿と同じ3.3mに設定して釣りをしていると、どうしてもキャスティングをする前に魚に気づかれてしまっているように感じることがあります。ですので、今は通常使うラインの長さは4.5m(三尋)に設定しています。これに加えて、四尋(約6m)のラインの仕掛けも常備しています。
私のキャスティング技術では、今の3.3mの竿ではこの6mという長さが限界です。本流での釣りを試したくて、9mのラインを準備して釣行したこともあるのですが、うまく投げ切れず、結局はいつも通っている川へ移動してしまいました。
より長いラインを遠くへ飛ばすためには、長い竿のほうが有利です。具体的には4.5mほどの竿がほしいと思っています。






より胴調子の竿がほしい

今私が持っている竿は6:4調子となっている竿です。しかし、私の体感としては7:3程度のより先調子に近いように感じています。短い竿でピンポイントを狙いたい場合などは、今の調子でちょうどよいと感じていますが、前述のように長い竿で本流の釣りをしてみたい私にとって、より遠くのポイントに毛鉤を飛ばせるように、しっかりと曲がってくれる方が有利だと思っています。また、大きな魚をかけた場合でもしっかりと竿の弾力で魚の抵抗を受け止められるような竿がほしいと思っています。

伝統の和竿で釣りがしてみたい

魚を釣るのが釣りの楽しみですが、道具にこだわるのも釣りの楽しみの一つともいえます。より機能性の高いものを求めるのも一つですが、古きを知る、これも一興です。テンカラ釣りも古くは竹竿を使用していたそうです。特にヘラブナ釣りでは、漆塗りの竹竿、竿受け、たも網など、道具にこだわる釣り人も多いですよね。

といっても、現代において加工の難しい竹製の竿はとても高価です。そこで私が思いついたのが、竹竿の自作です。インターネットでいろいろと調べていると、なんと、和竿の素材を販売しているサイトが見つかりました。
楽しい和竿作りショップkaseさんです。
このサイトをざっと見たところ、素材だけですと1万円以下でそろえられそうです。しかし、いきなりテンカラ用の竿を作る勇気もないので、まずは、タナゴなどの小物用の竿を作って、練習してみることにしました。小物用の素材ですと、1000円以下でも素材がそろいます。そして、出来上がったのがこちら・・・。
自作の小物用和竿
自作の小物用和竿

途中で折れてしまったり・・・。作業は難航し、不格好なものになりましたが、なんとか形にはなりました。そして、今はもう少し長めのものに挑戦中です。これらが出来上がった際には、わが子と小物釣りを楽しみたいと思っています。

実は、もう本命のテンカラ竿用の素材も買ってあります。Kaseさんにテンカラ竿を作りたい旨問い合わせたところ、電話で丁寧に作り方から素材の特徴などを細かく教えていただけました。本命のテンカラ竿を自作する際には、順を追って作業工程をご紹介していこうと思いますので、お楽しみに。

テンカラ和竿完成(2017/05/29追加)

→テンカラ和竿の製作記はこちらから





コメントを残す