釣った魚を持ち帰って食べる際、できるだけ新鮮に持ち帰りたいですよね。そこで重要となってくるのが内蔵処理です。魚が死んでから、痛みが最も早い部分は内臓です。この部分をできるだけ早く処理することで、より新鮮に持ち帰ることができます。
テンカラ釣りの入門記事まとめはこちらから

テンカラ釣りの入門書


まずは失神させる

まずは、魚の内臓を抜く前に私は、頭の部分をデコピンでパチンとはじいて、失神させます。何となくですが、苦しむ時間が短くて済むようにと思ってやっています。魚は痛みを感じないとも言われたりしますが、実際のところはどうなんでしょうか。あとは、魚が暴れなくなるので、身に余計な血が回らなくなる効果もあるのではと思っています。

道具に割りばしを使う

魚をさばくのにナイフやハサミを使用しますが、より手軽に割り箸を使った方法をご紹介します。塩焼きにする際も、おなかを開かなくても済むのできれいな姿で焼き上げることができます。

口から割り箸を入れる

釣った魚の内臓処理①
釣った魚の内臓処理①

まずは、魚の口から割り箸を入れます。そして、魚の横から見て、えらの外側から出します。





お尻部分まで割り箸を差し込む

釣った魚の内臓処理②
釣った魚の内臓処理②

えらの外側を通しておなかの奥まで割り箸を差し込みます。これを左右2本同じように差し込みます。

ねじりながら引き抜く

釣った魚の内臓処理③
釣った魚の内臓処理③

残酷なようですが、差し込んだ2本の箸をねじることで、えらを絡めて外し、えらにつながった内臓と一緒に箸に絡めてはがします。そして、その状態から箸を引き抜きます。すると、えらと内臓がきれいに箸に絡まって出てきます。





おわりに

渓流魚のアマゴやヤマメ、イワナの姿は、周りの生い茂った木々、透き通った川の水も相まって、とても美しく輝いて見えます。そんな愛おしい魚をさばくのは、心苦しいのも確かです。しかし、持ち帰って塩焼きにして食べたその味が素晴らしいことも確かです。あまり、乱獲すると、次に釣れる魚も減ってしまいます。私は、その日、家族でおいしく食べられる分だけ、数を決めて釣行しています。

コメントを残す