現代、テンカラ釣りはとてもシンプルな釣りとして、流行しつつあります。では、いったい何がシンプルなのか、それは、ずばり仕掛けと言えるでしょう。それでは、テンカラ釣りの全体像を見ていきましょう。

テンカラ釣りの入門記事まとめはこちら⇒

テンカラ釣りの仕掛けの全体像

テンカラ釣り仕掛けの全体像
テンカラ釣り仕掛けの全体像

まずは竿です。大体、長さは3m~4.5mほどです。リールは不要で、竿にガイドもついていない、シンプルなものです。つぎに、竿先に結び付けるライン(道糸)です。現在はテンカラ専用のレベルラインというものが市販されています。フロロカーボン製の3~4号程度の太さのものが使用されます。そして、ラインと毛鉤の間に結ぶハリス(リーダー)です。ハリスは、魚により気づかれにくくするために細いものを使用します。およそ、0.5~1.2号程度の太さのものを使用します。最後に、毛鉤です。毛鉤というと、フライフィッシングのような多種多様なものではなく、ごくシンプルなもの1種類あれば、釣りができます。
たった、これだけです。

渓流の餌釣りも仕掛けはシンプルですが、目印や錘の調整、餌が必要になってきます。実際に釣り場で、これらが不要であるということは、とても手軽です。餌釣りもとても奥が深く、おもしろい釣りですが、シンプルという点では、テンカラ釣りにはかないません。







エサがいらない!1種類の毛鉤!

渓流釣りでの餌は、ブドウ虫、イクラなどお店で購入できるもの、また最もよいとされるのが、釣る前に自分で調達する川虫類です。季節にあった、魚がその時点でよく口にしているであろう餌が手に入ります。どんな餌が釣れるのか、釣り場で試行錯誤しながらするのも、餌釣りの醍醐味です。しかし、初めて渓流釣りをする人にとっては、超えるべき壁として立ちふさがるポイントでもあります。
テンカラ釣りでは、餌釣りと違って、毛鉤一種類あれば、釣りができます。釣りをする前に餌を購入することも、自分で採取する必要もありません。あらかじめ、用意しておいた毛鉤で釣りをすることができます。

竿もシンプル

餌がいらない釣りは、ルアー釣りやフライフィッシングも同様です。しかし、これらの釣りと比べてタックルがとてもシンプルになります。ルアー釣りやフライフィッシングは、竿とリールがセットになります。しかし、テンカラ釣りの場合は、リールは不要。もちろん、竿にガイドはついていません。
竿と仕掛けのセット
竿と仕掛けのセット

イラストのように、とことんコンパクトにまとめられます。
テンカラ釣りの入門記事まとめはこちらから

テンカラ釣りの入門書


おわりに

いかがだったでしょうか。他の釣りに比べて、まだまだ情報が少ないため、一見、とっつきにくいテンカラ釣りですが、そろえる道具も少なく、初めての方でも始めやすい釣りだと思いませんか?

コメントを残す