前回の釣行では、オトリを逃すはボウズを喰らうわで、散々な結果に終わりました。

昨年、初めて鮎の友釣りに挑戦してから、いまだに一尾もかけられないでいます。

今回こそはと意気込んで、リベンジ釣行です。

今回はオトリ3つ

前回、オトリを逃してしまうという失態をやらかし、今回は念のため多めに3つ買っておくことにしました。

オトリ屋さんには先客がいらっしゃって、「地元の方ですか?」と声をかけていただき、地元ですが初心者なので中々釣れません、と少しお話をして。

鮎を静かに優しく持つのも、動画で見るプロとは程遠く。自分なりによく泳いでいて元気の良さそうなのを選んで、両手でぎゅっと握って曳舟へ移します。

今日のポイント・・・

昔、家族でバーベキューや雑魚釣りをしていた本流に入ることにしました。

前日に降った雨で少し回復したようですが、相変わらず水は少なく、また濁りもあります。

支流からの流れ込みにはお盆のお供え物の花が飾られていました。各地域で様々な供養の仕方があるのですね。

見渡すと流れは早すぎず緩すぎずといった感じで、大きめの岩もいくつか見えるので、鮎も居着いているのではないかと期待。

難関の釣り始め

まずは、オトリの入った曳舟を川に入れて、流れないように固定します。

竿に仕掛けをつけて、竿を伸ばして、掛け針をつけて。そして、いよいよ、オトリの鼻環通しです。

前回と同じ失敗を繰り返さないように、曳舟の中の水をしっかり減らします。

念には念を・・・、オトリが弱るのを覚悟で、陸の上で舟から一尾出してタモに入れ、急いで水につける、という不細工なやり方で。

鼻環を通すのは大分慣れてきて、ある程度スムーズにできるようになってきました。そして、逆針を打って、釣り開始。

やっと出会えた良型鮎

オトリを放すと、最初はゆっくりと泳ぎ、少し経つとどんどんと上流へ向かって泳いでいきます。オトリについて行くように移動しながら釣ります。

これまでの経験から、オトリを放すまでは何とかこなせるようになってきましたが、ここから先が未知の領域。

2時間たっても掛からないまま、オトリが弱ってきました。

選手交代の前に、何となく石が見える筋に川下から上へオトリを引きながら何回か流したところで、急にオトリが流されて、竿を立てると、ズッシリ!

これは何事かと混乱。

オトリ鮎が水面に出ると下には背掛かりした良型鮎の姿が見えました。

やった!

後ろに下がりながら、流れのゆるいところまで誘導して、引き抜き!タモキャッチ、何と大成功!

だいたい25cmくらいの良型。

やっと出会えた良型鮎
やっと出会えた良型鮎

こんな大きな鮎を見たことがなかったので、興奮を抑えきれません。よく尺鮎と言いますが、それがどれほど凄いかを実感しました。

こんな大きいのがオトリになるのか、という疑問を持ちながらも、不器用な手つきで、オトリを交換します。

お昼の時間でしたが、せっかくなのでオトリが元気なうちに泳がせてみます。が、そううまく行くものではないですね。

お昼休憩です。

午後第2ラウンドはいかに

朝買ったオトリの残り2匹から1つを取り出して、釣り開始。

まずは川の水に慣れさせるために、緩やかなところで泳がせます。そして、最初の一尾をかけた要領でポイントと思しきところを下から上へ通過させるということを何度か繰り返してみます。

やはり、掛からない時間が長かったですが、2匹目を掛けることができました。今回も引き抜き、キャッチは上手くいきました。1匹目ほどではないものの、良型です。

えーっと、と交換の手順を確認しながら、慎重に作業します。

その後も同じように釣りますが、ここでタイムアップ。翌日のUターンの準備もあるので、午後3時で釣り終了としました。

釣果は、2匹。オトリと合わせて5匹。帰宅して桶に水を張って舟から移すと、まだまだ元気いっぱい。

大きな鮎もいますし、子供たちにも多少は喜んでもらえるかな?

おわりに

昨年の初挑戦から今回まで、釣行回数は3回と少ないものの、やっと一尾を掛けることができました。

鮎の友釣りを始めるには、やはり、師匠という人に付いて釣りを覚えるのが得策です。

残念ながら、私にはそういう伝手がないので、釣れない釣りを何度も経験しながら、色々と勉強していこうと思います。こういった過程が面白いのもまた事実です。

最後までお読みいただきありがとうございました。