なんとか馬素を使ったテーパーラインの自作に成功し、次は実釣です。緊張の釣行です。昨年製作した竹竿と組み合わせて、現代テンカラとは一味違った釣りを。いざ試し釣り。

撚り馬素の投げ心地はいかに

自作の撚り馬素ラインの振り心地

まずは乾燥した撚り馬素ラインを、川の水に浸して柔らかくしてから、竿に取り付けます。

丹精込めた自作和竿
丹精込めた自作和竿


水に浸してから使う
水に浸してから使う


これは糸クセが取れるのと、柔軟性が増して破断しにくくなるのではないかと思います。

撚り馬素は重さがあるため、鞭を打つように、ピシッとキャスティングができ、気持ちがいいです。力はほとんど必要ありません。レベルライン以上に軽々と振り込め竹竿との相性はとても良かったです。
ただ、一つ特筆すべきは、視認性です。とにかく見えづらい・・・。朝の逆光の中の釣りだったので余計に見づらかったのかもしれませんが、先人の釣りはとてもレベルが高かったのだろうと想像できます。
正直、使い心地としては難しい。いつもと勝手が違う釣りで困惑もありました。でも、それが楽しい!手塩にかけた和竿に撚り馬素で魚釣り、これだけで喜びがひしひしと湧いてきます。

ナイロン撚りテーパーラインとの振り比べ

自作した馬素と同じ撚り数のナイロン(1.5号)の撚り糸テーパーラインも作ってあります。

練習で作ったナイロン手撚りライン
練習で作ったナイロン手撚りライン


こちらとの振り比べもやってみました。やはり、ナイロンラインは軽いです。撚り馬素と比べると、竿の力を強めに使う必要がありました。



肝心の釣果の方は?

残念。竹竿に撚り馬素、投げごこちはかなり良いのですが、今の私にはそれを使いこなすだけの技量がありませんでした。ポイントめがけて振り込んで見るものの、ちゃんとポイントを流せているのかが分からず、ほとんど釣りになりませんでした。そう考えると、現代のテンカラと古来からの毛鉤釣りは、一味違った釣りだったのではないかと感じました。



大ショック!和竿ポッキリ

難しい釣りでしたが、手探りで釣り進める中、テンカラ釣りではよくあることですが、川岸から伸びた枝に毛鉤が引っかかってしまいました。カーボンロッドを使い慣れていることもあり、外そうとスパッと竿を煽ったその時、竿がフッと軽くなって外れたかと思ったら、ポッキリと折れてしまっていました。うぅ〜悲しい。

無残な姿に
無残な姿に


何よりも、竿の扱いがお粗末すぎました。

この竿の構成は、「穂先」とその下の「穂持ち」、「手元」の三本継なのですが、穂持ち先端部分が折れていました。

穂先には中々良い素材がなく、渓流用のカーボン素材のものを使用しています。そのカーボン穂先を差し込んでいる口の部分で折れていました。

和竿では、この穂持ちの部分の強度が大事だと聞いたことがあります。穂先にかかった負荷を受ける柔軟性と、負荷に持ちこたえる力強さが必要な部分です。私の作った竿は、穂先がカーボンで、竹とのつなぎ目のバランスが悪かった、つまり竹の強さに比べて、カーボンが硬くて強かったので、カーボン穂先の付け根部分に負荷が掛かり折れてしまったのだと思います。



おわりに

技術の進歩は素晴らしいことです。カーボンロッド、レベルラインや市販のテーパーライン、私の今後の釣りの主たるものは、これら最新の技術を取り入れていく釣りになるでしょう。これは、どの時代でも人間が創意工夫をして魚と向き合ってきた姿勢であり、今でも変わらないものだと思います。
一方でモノが限られていた時代に培われてきた知恵に触れるという懐古主義、これもまた一興です。馬素を使った釣りがほぼ無くなった今、それを体験するということにはロマンがあります。またいつか、この和竿と撚り馬素で釣りをしたいと思う時が来ると感じています。その前に和竿を修理しないといけませんね(^^;)

最後までお読みいただきありがとうございました。