この連休中に試そうと思って作ったタングステン毛鉤、先日の釣行で反応のあった大きな淵にリベンジマッチ、朝の限られた時間で。

淵のポイントへ直行

時間も限られているので、淵までのポイントはスルーしました。

バシャバシャと反応のあったポイント
バシャバシャと反応のあったポイント


先日と同じようにまずは普通毛鉤で水面をチョンチョンと誘ってみます。すると、パシャと反応がありました。しかし、先日とは少し様子が違っていました。魚が小さいようでした。手前側を覗いてみるとアマゴの稚魚がたくさん泳いでいました。タングステン毛鉤に変えて、そぉーっと毛鉤をチョウチン釣りのように落としてみました。魚影がスゥーっといなくなりました。

例年通り、稚魚放流された魚だと思うのですが、活性が高いと警戒心も薄く、ゾロゾロと群れになって毛鉤を追ってくるのですが、今日は、かなり警戒しているようです。

稚魚を狙っても仕方ないので、奥の深くて流れがあるところへ毛鉤を流して見ます。しかしながら、反応はありません。もう一度普通毛鉤で表層を誘ってみるものの、出ているのはおそらく稚魚。



沢を変えてもうひと流し

まずは普通毛鉤でご様子伺い

まずは普通毛鉤で、早めの流れから緩やかなところまで、いつも通り毛針を流していきます。

藤の花に覆われた流れ
藤の花に覆われた流れ


藤の花で覆われた流れも、サイドキャストでうまく振り込めるようになってきました。キャスティングの精度は釣りを重ねるごとに上達してきているなと感じています。が、それだけでは魚は釣れません。魚のいる流れ、ポイントの見極めが大事です。

そして、大きめの淵にあたったところでは、誘いをかけて魚がいるかどうかを確認。

岩陰から魚が飛び出して
岩陰から魚が飛び出して

写真の場所では、流すだけでは魚は出てきませんでしたが、誘いをかけると岩陰から猛スピードで飛び出してきて、またすぐさま隠れてしまいました。

いざ!タングステン毛鉤

ここから、粘りの釣り開始です。流れの筋、深さをイメージしながら、魚がいそうなポイントより上流側へ毛鉤を落とし、ラインを送り込んで沈め、流していきます。
といっても、手探り。中々、というより全然上手くいきません(^^;)
それでも、普通毛鉤からタングステン毛鉤に変えた後の1投目で沈む毛鉤に反応した場面もありましたが、食いも浅く掛からず。魚はいるのに掛けられない、何とも、もどかしい、悔しい。



タングステン毛鉤の使い心地

まずはキャスティングについて。普通毛鉤とは、投げ心地が全然違いました。付けるタングステンの重さによって違ってくるとは思いますが、より竿の力を溜めて飛ばすイメージでした。普通毛鉤と変わらないと思っていましたが、私にとっては
別物でした。

あと、毛鉤から水面に落とす時に、フワッとではなく、ポチャンと落ちます。普通毛鉤は毛鉤が水面にフワッと落ちるのに反応する魚を狙うのが一つありますが、その感覚ではなく、上流から流れてくる餌を待っている魚の鼻先へ毛鉤を流すという釣りなので、キャスティングの精度というよりは、どの筋でどれくらいの深さで流すかの想像力が大事だと感じました。

扱いきれていない、の一言です。

おわりに

結局、魚は掛けられずに終わってしまいました。魚はいるものの、連休のハイプレッシャーは中々のものです。しかし、そんな中でも魚を掛けるのが腕の見せ所というもの。私はまだまだ未熟者、それでも私の毛鉤に本能で反応する魚の姿が見られると嬉しいです。悔しい思いの中、ささやかな幸せを感じながら、退渓。

渋い時に魚を掛けるのは難しいですね。昼ごはんを食べて、午後からは家族サービス。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。