前日には良い魚を一尾掛けて、気持ちよく眠りました。朝、4時に起きて、一緒に釣りに行く父を起こして、軽く朝食と温かいコーヒーを飲んで。まだまだ、朝は寒い。いざ、出発です。

実績のある川へ

朝一はまだ日も出ておらず、ほんのり明るくなり始めた頃に開始。水量は多少多いものの、水は澄んでいて、とても良い雰囲気です。

が、魚の方はあまりご機嫌がよろしくなく、中々、反応がありません。深い淵になっているところに来ると、面倒くさがらずに、せっかく作った沈むタングステン毛鉤に交換して試して見るものの・・・。

お日様が出てくると逆光でかなり釣りづらい状況でしたが、水面近くを虫が飛び始め、普通毛鉤に戻します。
逆光で釣りにくい
その後、パシャリと反応が何回かあったものの掛けきれず。
朝一の渓相

良い流れ

バシャバシャと反応のあったポイント
バシャバシャと反応のあったポイント

最後の大きな淵のところまできました。ここも実績のあるポイントなので、集中します。残念ながら、流れに毛鉤を乗せるも反応はありませんでした。そこで、毛鉤をチョンチョンと誘う釣りをやってみました。水面をスーッと毛鉤が動いて、水面近くを飛ぶ虫がパタパタと水面に触れたような状況をイメージ。

すると、バシャリと良いサイズの魚が反応するも掛かりません。5回ほどは同じようにして反応があるも魚は掛からず。毛鉤を食いにきているというよりは見に来て戯れていただけなのでしょうか。

その後、農家の方々が草刈りや、ゴミ拾いに出てこられて、「釣れるか?」と声をかけられ、魚はいるのですが・・・、と話して、「ここから上流は今から掃除に入るからごめんな」とお気遣いもいただきました。もちろん、そこに住んで生活されている方が優先です。これからの田植えに向けて、村全体で草刈りやゴミ拾いに川へ入られていていました。お疲れ様です。そして、その川を後にしました。



移動して次は父の釣り

昼食を買って、沢を変えて、次は父の釣りです。父はエサ釣り、明日のバーベキュー用の魚を釣ると意気込んで入渓していきました。
私は車の中で、この記事の下書きをしています。

私も負けずに

父は2時間ほど釣って上流から降りて来ました。イワナとアマゴを一つずつ釣ったようで、「はぁ〜もう今日はこれで満足」と。以前からこの川では、アマゴとイワナが混ざって釣れます。

昼までにはまだ時間があったので、少し上流へ上がって、もうひと流し、次は私の番です。

ポイントに入ってすぐのところで出ました。
釣れたポイント
釣れたポイント


美しい。
一尾目の魚
一尾目の魚


大岩の多い沢で、乗り越えながら釣り進みます。岩を超えて振り返るとこんなポイント。
上流からのポイント
上流からのポイント


少し体制的に無理がありましたが、上流から毛鉤を流して見ました。すると、良いサイズが水中でギラッと毛鉤を咥えました。すかさず合わせを入れ、一度は掛かったものの、体制を崩しそうになってラインが緩み、バレてしまいました。悔しい。



その後も点々と移動しながら

やはり、ゴールデンウィーク、釣り人も多いです。おじいさんと中学生くらいの微笑ましい姿から、本格的な装備で魚籠持ちのアングラーまで。

入るポイントを選びながら車で点々と移動しながら、父と交代しながら。
アタリに気づかずに・・・
アタリに気づかずにバラし


この流れで出ました
この流れで出ました


朱点の少ない子
朱点の少ない子


おわりに

今日はどっぷり、丸一日自然に身を置き、堪能してきました。疲れもあったので、早めに帰宅。
明日は家族でBBQ、明後日は子どもたちとクレヨンしんちゃんの映画。あと何回釣りに行けるでしょうか。
今夜も気持ち良く眠れそうです。