いよいよ、待ちに待った、ゴールデンウィークの始まりです。この連休を利用して、実家に帰省してきました。ほとんど毎日のように、釣りをする夢を見ていたくらいです(笑)帰省当日で、夕方の2時間ほどですが、小手調べに渓にて竿を振ってきました。ようやく、「てんからビギナーず」に釣行記を載せることができます。



キャスティングの勘を取り戻す

たまに、早朝、誰もいない土手でキャスティングの練習をしに出ることはあるものの、都市部に住んでいるので渓流からは遠く、そう頻繁に竿を振る機会はありません。
ですので、毎度そうなのですが、最初はキャスティングがうまく決まりません・・・(笑)緊張して胸が高鳴り手も震えます(笑笑)
そのためにも、こういった短時間でも勘を取り戻す意味で、竿を振ることは私にとって意味があります。そんなこんなで、近場の渓流へ。



お出迎えの魚

今回は本当に魚の反応が悪い。いつもこの時期には、たくさん戯れてくれるハエ(カワムツ君)も、全然相手にしてくれません。数日前に雨が一降りして、増水気味。水面近くには虫がたくさん飛んでいるものの、流れの中には葉っぱなどの細かなゴミがたくさん。水中の釣りは具合が悪そうだったので、沈むタングステン毛鉤から、普通毛鉤に変更しました。

ようやく反応があり、お出迎えの魚はこちら。
今日はつれないカワムツ君
今日はつれないカワムツ君


沈み始めた太陽を浴びて、藤の花が満開です。
満開の藤の花
満開の藤の花




最後の最後で貴重な1尾

あまりに反応が悪いので、キャスティング練習と割り切って帰るか、もう一沢軽く流すか。時刻は17時半。釣り人の欲には敵わず、車を奥へ走らせました。
水量が多く流れも早くて、中々、良いポイントが見つからず、沢から出るポイントまで一気に釣り上りました。ほとんど諦め気分で、最後の最後と足を伸ばして。

大きな石堤の手前の強い流れ、ここにいれば、良いサイズというポイント。岩に当たって緩やかになっている手前の流れに乗せて、毛鉤がゆっくりと沈みながら流れていきます。
釣れたポイント
釣れたポイント


すると、ヒラっと白い輝きがかすかに見えたが先か、ラインに違和感を感じたが先か。すかさず竿を煽ると、ぐんぐんと竿先に乗る重さと、ギラギラと魚がローリングする鈍い光。これこれ、たまりません。

嬉しい嬉しい、美しい一尾
嬉しい嬉しい、美しい一尾

サイズは手のひらいっぱい、七寸といったところでしょうか。上出来です。


おわりに

もう一歩、もう一歩と釣り人の欲は尽きません。これは危険なことです。引き揚げ時はとても大事です。時刻は、お寺の鐘がゴーンと鳴って18時、納竿です。

今回は、昨年からのブランクから、勘を取り戻すべく、小手調べの釣行のつもりが、少し深追いをして、なんとか1尾引き出すことができました。

漁協のホームページには、相変わらず、どこどこで何十匹の釣果ありと、たくさんの死んだ魚の写真が連日アップされる有様。美味しく食べられることは救いですが、もう少し渓魚保護の意識が高まれば良いなぁ、と感じます。

この連休の釣りも厳しい釣果になるのかなぁ・・・。いずれにしろ、自然に触れて、思いっきりリフレッシュしたいと思います。