今回、初めて、タングステンビーズを使って毛鉤を巻いてみました。毛鉤を巻きながら、毛鉤の水中姿勢について考えさせられることがあったので、ブログに綴ります。

沈む毛鉤は邪道なのか

何となく、毛鉤を沈めるのも流れに乗せて沈める技術を身につけたいという妄想や、毛鉤にはこだわらないとする仮想美学から、錘付きの毛鉤は避けてきました。しかし、魚が釣れる!という甘い言葉には飛びつかざるを得ません。
魚が釣れるというのもそうですが、日本においても、昔からかなりの種類の毛鉤があったことを知りました。何事も創意工夫を凝らしてきた日本人、テンカラの毛鉤も、創意工夫があってしかるべき、そう考えるようになりました。

毛鉤の水中姿勢

ビーズヘッド毛鉤

ビーズヘッド毛鉤
ビーズヘッド毛鉤

ビーズ型の錘を使う場合には、主に針のヘッド側に取り付ける場合が多いのではないでしょうか。私も最初は何の抵抗もなく、ヘッド側にビーズを付けて毛鉤を巻きました。ここで、一つ疑問を感じました。

針のヘッド側に錘を取り付けた場合、毛鉤がヘッド側から沈もうとするので、極端に図示すると下図のようになります。

ビーズヘッド毛鉤の水中姿勢
ビーズヘッド毛鉤の水中姿勢

この場合、合わせの効き方が、ヘッド側が沈んでいる分遅くなり、針がかりしにくくなるような印象を受けました。

実際には、蓑毛(ハックル)という抵抗物とハリスのテンションという力が働くので、図示したように極端な沈み方はせず、そこまで大きな差は出ないのかもしれません。多くの方が、ビーズヘッドの毛鉤を使われていることも事実です。

ビーズテール毛鉤

そんな疑問を感じて、こんな毛鉤を巻いてみました。

ビーズテール毛鉤
ビーズテール毛鉤

普通に毛鉤を巻いて、最後にタングステンビーズをテール側に取り付けました。
ワイヤー錘を胴部分に巻くのと同じだと思うのですが手持ちがなかったので、このような形になりました。

ビーズテール毛鉤の沈み方
ビーズテール毛鉤の沈み方

この場合は、ビーズヘッド毛鉤とは違って、針先が下を向いて沈むので、より合わせも効きやすく、針がかりもしやすいのではないかと感じます。
また、蓑毛(ハックル)の下側に錘があるため、よりストレートに沈みやすいのではないかと考えます。

おわりに

今回は、錘を背負った毛鉤を作ってみて、発見とまでは行き着きませんが、今まであまり気にしてこなかった毛鉤の水中姿勢について、考えが深まりました。
皆様はどう感じられますでしょうか?ご意見お聞かせください。