まだまだ経験不足な私ですが、実際に魚が毛鉤に反応したポイントであれば、皆様にご紹介することができるかと考えています。釣行回数は少ないですが、2017年の釣行で写真に納めた、魚のいたポイントをまとめていこうと思います。

2017/4/30釣行

極小アマゴがかかりました


2017/4/30朝のポイント
2017/4/30朝のポイント


2017/4/30可愛いアマゴ
2017/4/30可愛いアマゴ


取り込み失敗するも毛鉤に反応したポイント

ランディングネットの編み目からスルッと逃げてしまった悔しい思い出です。それだけ、魚が小さかったということです。
2017/4/30午後のポイント①
2017/4/30午後のポイント①


2017/4/30の午後のポイント②
2017/4/30の午後のポイント②


2017/4/30の午後のポイント③
2017/4/30の午後のポイント③


2017/5/1テンカラ釣行記

写真②の反転流にいた魚が掛かりました。
2017/5/1淵のポイント
2017/5/1淵のポイント③


2017/5/1午後の一尾
2017/5/1午後の一尾


2017/5/2テンカラ釣行記

2017/5/2釣れたポイント①
2017/5/2釣れたポイント①


2017/5/2釣れた魚①
2017/5/2釣れた魚①


2017/5/2反応があったポイント
2017/5/2反応があったポイント


2017/5/2釣れたポイント②
2017/5/2釣れたポイント②


2017/5/2釣れた魚②
2017/5/2釣れた魚②


2017/9/30テンカラ釣行記

渓流大晦日に釣りに行けたこの年はラッキーでした♪
釣れたポイント
釣れたポイント

釣り納めの美しい一尾
釣り納めの美しい一尾


おわりに

東京に越してきてからというもの、中々、釣りに行く回数が減ってしまいました。そんな中でも、地元へ帰省したおりに相手をしてくれる渓流魚はやっぱり美しく愛おしい存在です。地元河川では、餌釣り師の乱獲が激しく、在来種という存在はほとんど皆無に近いと考えられ、ほとんどが稚魚放流の魚です。また、稚魚放流されたその年にほとんど釣りきられてしまうので、サイズも小さい物が多いです。漁協はというと、鮎の友釣りにもっぱら力を入れており、渓流魚の自然繁殖などには関心がないようです。在来種の存在、可能性があるなら、放流域よりも上流部、源流に潜むイワナの存在です。子持ちのサラリーマンですので、中々時間がとれないでいるのですが、いずれは地元河川の在来種を探索してみたいなと思ったりしています。
以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました。