ウェーダーとは

ウェーダーとは、簡単に言うと長い長靴です。水の中をあるく際に濡れないように身に着けるものです。様々なものが市販されていますが、胸まであるものから股下までのタイプもあります。鮎釣り用のタイツや足袋も市販されていますが、とても高価です。

ウェーダーの必要性

テンカラ釣りは、歩く釣りといわれます。餌釣りとは違って、一つのポイントにとどまることはありません。一つのポイントに数投したら、次のポイントへ投げる。このように次々にポイントを移動しながら魚を捜し歩く釣りです。普通の長靴で岸辺から釣ることももちろん可能ですが、攻められるポイントが圧倒的に少なくなります。

テンカラ釣りの対象とする魚は、主に水面近くを流れている餌を意識している魚がターゲットとなります。そこに魚がいても、毛鉤に出ない魚はつれない魚と割り切って次のポイントへ移動します。毛鉤を沈めて釣る技術もありますが、会得するにはある程度の経験が必要になるので、まずは釣れる魚を見つけるという意識で釣りを始めるのが得策です。
つまり、狙えるポイントが多いほど、より多くの魚に出逢えるということになります。そういった意味でも、このウェーダーは揃えておいたほうがよいでしょう。







ウェーダーに求める機能

長さ

ウェーダーは、上述の通り胸まであるタイプもあれば、股下までで左右が分かれているものもあります。私が実際に使用していて、おすすめするものは、股下までで左右に分かれているタイプです(ヒップウェーダー)。これは、安全面を考慮したものです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウェーダー  ヒップウェーダー OH-800 ウェダー
価格:2850円(税込、送料別) (2017/2/1時点)



川は見た目よりも強く水が流れていて、その中を歩くのはそれだけで危険が伴います。そこで、胸や腰まであるウェーダーを着ていると、濡れないことから深いところまで立ち入ってしまうことを防ぐためです。

仮に腰までの深さがあるところを歩くのと股下までの深さのところを歩くのとでは、体にかかる水圧が大きく違います。股下であれば、股の間を水が流れてくれますが、腰までつかると体全体でその水圧を受けるのと等しい状態になります。これはかなり危険です。

実際に釣りをしていると、「どうしてもあそこのポイントへ投げたい」「ここを渡りたい」といった思いが脳を支配します。「危ないことはしないでおこう」と思っていても、いざ目の前に獲物が現れるとそうはいかないのが人の常です。私も例外ではなく、思い返すと股下の深さでも危ないことをしたなと後々反省することがあります。




すべらないこと(底の材質)

川での釣りで使用される靴や足袋の底は、ほとんどフェルト材が使用されています。私自身、実際に川の中へ入るまでは半信半疑でしたが、フェルトが適していることを実感しました。実は、テンカラを始めた当初は、スパイク付きの長靴で釣りをしていました。スパイクがついていると、石の上を歩くとすべります。磯釣り用の長靴で、フェルトとスパイクが併用されているものがありますが、それも同様にすべります。
底材がフェルトのみのものを選びましょう。張り替えようの靴底が売られているものもありますし、なければ自分でカットして張り替えられるフェルト材も市販されています。

防水性

こちらに関しては、ウェーダーと称している以上、どの商品も防水性はあると考えてよいと思います。しかし、私が使っているものもそうですが、何度か釣行すると防水性が衰えてきます。その際には、防水スプレーでのメンテナンスが必要になってきます。

透湿性、私はこだわりません(2017/3/20追記)

ウェーダーを着用していると、特に夏場は中が蒸れます。おすすめしている、ヒップウェーダーに関して言うと、丈が短いため、他のウェストハイやチェストハイタイプと比べると、それほどでもありませんが、心地よいものではありません。
現在は透湿性に優れたゴアテックスといった素材のものも販売されていますが、値段が高くなります。
私自身はあまり素材にはこだわりません。というのは、ウェーダーは消耗品と考えているからです。渓流域を歩いていると枝や岩などに引っかかって破れたりすることもあります。補修しながら使用しますが、いずれ限界が来ます。ゴアテックスなどが使われているものはしっかりとした作りになっていますが、買い替えを考えた場合に高コストになること、またゴアテックスだからと言って全く蒸れないかというとそういう訳でもありません






ウェーダーの危険性(2017/3/20追記)

事例をご紹介します。

1998年、千曲川にて、ウェーダー(胴長)着用で藻類の調査を行っていた学生が水深30cm – 40cmの川の中で転倒、そのまま200mほど下流に流された。事故後約10分で救出され、迅速に蘇生法が試みられたものの死亡した。転倒してウェーダーの中に水が入り自力で起き上がるのが困難になったことが事故を大きくした原因と推定された。

ウェーダーは転倒した際に中に水が入ると、とても重たくなります。その重たさは想像以上で、足を上げることすらできない状態にもなります。水が入ってしまうと、上記事例のように最悪死亡事故につながってしまいます。
水が入ってしまった場合を想定して、水を抜くためにナイフを携行することを勧める情報もあります。もちろん、それも一つだと思います。
その前に考えておきたいことは、自分の行くフィールドがどういった川なのかということを把握しておくということです。そのフィールドの水深にあわせた丈を用意するということです。
今回おすすめした、股下タイプのヒップウェーダーに関していうと、丈が短いため最も水が入りやすいタイプといえます。このタイプの場合には最大でも膝にかからない程度までの深さで利用するようにしましょう。これ以上深い場所があった場合には無理をせず、高巻きするようにしましょう。

また、ウェストハイ、チェストハイといった丈の長いタイプであっても油断は禁物です。

より深い所へ行けるとは考えないほうがよいです。深い所へ立ち入って転倒した場合、水の侵入だけでなく、ウェーダーが浮袋のようになって体が反転し、溺れてしまう可能性もあるようです。まずは深い所へ立ち入らないことです。

もう一つの選択(2017/3/20追記)

今回は、ウェーダーの選び方についてみてきました。ここで、もう一つの選択肢について述べていきます。いわゆる、鮎タイツ、鮎タビにウェーディングシューズというスタイルです。これはドライスーツ、またウェットスーツのように体にフィットするタイプのものです。鮎の友釣りでは本流で結構水深のある場所にまで立ちこんで、とても長い竿で釣りをします。こういったことから、より水の抵抗が少ない、こういったスタイルが主流です。

テンカラ釣りの場合、本流で大物を狙う釣り師もいますが、ほとんどこういった深さまで立ち入ることはほとんどありませんが、源流域において沢登りも兼ねるような釣りをお考えの場合には、沢登りのスタイルをお勧めします。速乾のズボンや上述したようなタイツに沢タビ、渓流シューズといったものを揃えるようにしましょう。

“テンカラ釣り ウェーダーの選び方!” への2件のフィードバック

  1. このウェーダーではコケた時に水が入り身動きがとれなくなり流されます。
    かつてゴア等の透湿性の素材がなかった時履いてる人が結構いて死亡事故が時々ありました。
    一番危ないウェーダーです。

    1. 馬鹿トノ様 様

      コメントありがとうございます。
      大変重要な情報をご提供いただきありがとうございます。また、当方のコンテンツ内容に至らないところがありましたこと、お詫び申し上げます。

      ウェーダー全般に言える危険性かと存じます。特にこのタイプについては、転倒時に水が入ってしまう危険性があることについて、早急に追加をさせていただこうと思います。

      こういった情報をお寄せいただくことは、とてもありがたいことです。今後とも気になる点がございましたら、お手数ですが、是非、ご協力のほどお願い申し上げます。

コメントを残す