テンカラ釣りは、シンプルな釣りと言われます。私の経験上、この話は本当です。表題の通り、私は5つの道具で釣りに出かけます。実際には、竿と仕掛け(ライン、ハリス、毛鉤)はあらかじめセットして携行するので、とても身軽です。それでは、詳細を見ていきましょう。

テンカラ釣りの入門記事まとめはこちらから

テンカラ釣りの入門書


竿

魚を釣るうえでは、どんな釣りでも必要になってくるものが竿です。船釣りでは竿を使わない手釣りもありますが、警戒心の強い渓流魚に気づかれない距離を保って毛鉤を打ち込むには、竿が必要になります。テンカラ釣りではリールやガイドなどのない、シンプルな竿を使用します。

ライン(道糸)

ラインは、竿先から結ぶ糸のことで、テンカラ釣りでは軽い毛鉤を飛ばすために、糸自体に重みのあるものが使用されます。現在主流となっているレベルラインから始めるのが手軽です。レベルラインとは、ナイロンやフロロカーボンの単糸(より合わせていない1本の糸)のことで、2.5号~4号程度が用いられます。
現代では、釣り糸も多種多様なものがあり、テンカラ専用のものも市販されています。実際にテンカラを始めてから、色々なものを試せばよいので、まずは、手軽なものから始めるのが一番です。
詳細は、こちらの記事でご紹介しています。







ハリス(リーダー)

ハリスは、竿先に結んだラインと毛鉤をつなぐ細い糸です。0.5号~1号程度がよく使用されます。私は、もっぱら0.8号を使用します。
ハリスは、魚に違和感を与えないよう毛鉤を自然に流すために細い糸を使用します。しかし、しっかりと合わせを入れる釣りであるため、細すぎると合わせた際に切れてしまうこともあるため、餌釣りのように極細ではなく、上記のような太さが選ばれます。

毛鉤

テンカラ釣りの代名詞といってもよい、毛鉤です。ほかにも毛鉤を使用する釣りはあります。フライフィッシングやアユのどぶ釣りなど。特にフライフィッシングは、マッチザハッチ(魚が捕食している餌にあわせえる)という考え方があり、釣れた魚の胃袋をスポイトで吸い上げて、何を食べっているか確認したりします。それゆえ、虫の幼虫を模したもの、蛹を模したもの、成虫を模したもの、また虫の種類別に毛鉤があったり、実に多岐にわたります。

それと比べて、テンカラ釣りの毛鉤はシンプルです。私自身も大きくは1種類だけしか使用しません。最近では、釣り人が多いポイントなどでは、魚がすれているため、色々な毛ばりを使い分けるテンカラ釣り師もいます。

最初は市販されているテンカラ用の毛鉤を使用するのが良いのですが、毛鉤は岩や木の枝に引っ掛けて失くしてしまうこも多く、ローコストを実現するためには、自分で巻くことをお勧めします
詳細は、こちらの記事でご紹介します。







ウェーダー

ウェーダーとは、長い長靴のようなものとお考え下さい。股下のものから、胸まであるものもあります。
テンカラ釣りは歩く釣りと言われます。餌釣りとは違い、一つのポイントに留まることはほとんどなく、およそ数投しては次のポイント、という具合に次々に毛鉤を投げ込みながら、移動していきます。そのために、ウェーダーが必要となります。

これがなくても釣りはできる

たも網

たも網は魚を取り込む際に使用する網です。管理釣り場などで、大きな魚を相手にする場合には、手で手繰り寄せているとハリスが切れてしまう可能性もありますので、必要となってきます。
しかし、自然渓流に入って、20~30cm程度の魚を釣る際には、経験上必要ありません。テンカラ釣りは、ライン・ハリスを合わせた長さが竿よりも長い状態になるため、基本的にはラインを手繰りよせるようにして取り込みます。川や山を歩くため、できるだけ引っかかるような道具は減らしたいため、私は持ち歩いていません。
なくても釣りはできますが、必要と思われる際にはご用意ください。

魚籠

釣った魚を入れておくものです。スポーツフィッシングの場合には、基本的にはキャッチアンドリリースとなりますが、釣った魚を美味しくいただくのも、釣りの醍醐味の一つです。釣った魚を持ち帰るには、冷やして持って帰ることになります。クーラーボックスでは、どんなに小さいものでも、釣り歩くには邪魔になります。そこで私は、魚を持ち帰る際には、お弁当用の保冷バッグに保冷剤を入れて、コンパクトに持ち歩き、車に戻ってからクーラーボックスに移しています。
電車やバスを利用して釣行される場合には、ウェストにつけられるタイプのコンパクトな魚籠をお勧めします。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ ウエストクリール 35(F) 渓流ビク
価格:4492円(税込、送料別) (2017/2/1時点)


コメントを残す